ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 大谷と雄星、メジャー初対決

大谷と菊池がメジャー初対決! 第1打席は内野安打、菊池は初回3失点

24

2019年06月09日 11:30  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真メジャー初対決となったマリナーズ菊池(左)とエンゼルス大谷
メジャー初対決となったマリナーズ菊池(左)とエンゼルス大谷
◆ 日本での対戦成績は5打数2安打3三振

 エンゼルスの大谷翔平選手(24)とマリナーズの菊池雄星投手(27)が現地時間8日(日本時間9日)、メジャーの舞台で初対決。花巻東高の先輩・後輩対決の第1ラウンドは、二塁へ内野安打を放った大谷に軍配が上がった。

 菊池は4回途中6失点で3敗目を喫した5月30日(同31日)のエンゼルス戦から、一度登板予定を飛ばし中9日でのマウンド。初回、1番・ラステラを一ゴロに仕留めると、2番・トラウトは右飛。二死無走者の状況で「3番・指名打者」の大谷を迎えた。

 初球の内角球にのけ反った大谷だったが、3球目のスライダーにバットを合わせた。打球は力のない一、二塁間へのゴロだったが、飛んだコースがよく二塁への内野安打。大谷は続くプホルスの二塁打で三塁へ進み、5番・スミスの2点適時打で先制のホームを踏んだ。

 菊池は続く6番・カルフーンを遊ゴロに打ち取るも、これを遊撃・ムーアが失策。続くプエーリョには右前適時打を許し、初回から3失点となった。

 メジャー2年目の大谷は、今季ここまで26試合に出場し、打率.240、5本塁打、20打点の成績。メジャー1年目の菊池はここまで13試合に先発し、3勝3敗、防御率4.43の成績を残している。二人は日本のプロ野球で2度対戦。日本での対戦成績は5打数2安打3三振となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • ★大谷が勝ったのではなく菊池が負けたゲーム。トラウトに打たれて目はうつろだった。しかも初球は変化球。明らかに平常心を失っていたが、4回で左打者だから代えなかったのだろう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 菊地も頑張って投げて欲しいけど、大谷にはホームラン打って欲しいな!
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ニュース設定