ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > たった1分でぽっこりお腹がフラットに!美腹エクササイズ

たった1分でぽっこりお腹がフラットに!美腹エクササイズ

6

2019年06月09日 20:41  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

「割れた腹筋はムリ!」と思うかもしれませんが、ぽっこりお腹をフラットにできるエクササイズと聞けば、トライしてみようかと思いませんか? 実践時間は、たったの1分です。

YOGAエクササイズディレクターの筆者おすすめの「1分でぽっこりお腹をフラットにするエクササイズ」をご紹介します。

■お腹を縮めるだけで美腹になる

お腹のエクササイズが好きじゃないという人があげる原因として、「首が痛いから」というのが多いのをご存知ですか?

これは、やり方が間違っているからです。多くの人が頭から起き上がるために、首の痛みや実践した後に肩がこるのです。

そこで、今回ご紹介するエクササイズで意識して欲しいのが、下腹からネジを巻くようにお腹を縮めて腹筋を刺激することです。その動作の結果、頭が床から持ち上がるのです。

もう一つ大切なことは、ガチガチに首に力が入る=首で支えると、ターゲットとする腹筋の力が抜けている証拠ですので、歯を食いしばらず肩周りの力を抜きながら実践してみてください。おどろくほどお腹に刺激を感じるはずです。

期待できる効果

・腹筋の強化と引き締め ・腰痛改善 ・冷え改善 ・むくみ改善など

注意する点

首を痛めている人は、無理のない範囲で動作してください。

実践回数&期間

1日1分を目安に3週間ほど実践してください。

「美腹エクササイズ」のやり方

床に仰向けになり、ひざを立てます。両手を太ももにそえて、吐く息とともにお腹を腰に引き寄せた(ドローイング)状態をつくります

(1)床に仰向けになり、ひざを立てます。両手を太ももにそえて、吐く息とともにお腹を腰に引き寄せた(ドローイング)状態をつくります。

ゆっくり吐く息とともに手のひらでふとももを触りながら上体を起こし、ひざの位置に指先が触れたら10呼吸キープします。この時、吐く度にお腹で腰を深く床に沈める意識でお腹に力を入れ、腹筋を鍛えましょう

(2)ゆっくり吐く息とともに手のひらでふとももを触りながら上体を起こし、ひざの位置に指先が触れたら10呼吸キープします。この時、吐く度にお腹で腰を深く床に沈める意識でお腹に力を入れ、腹筋を鍛えましょう。

3回×2セットを目安に動作を繰り返してください。

いかがですが? 頭から起き上がらず、かかとで床を強く押すと、お腹にギュっと圧がかかるのを感じられるかと思います。じっくり動作して美腹をつくってくださいね。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「世界一カラダが柔らかくなるすごいポーズ」「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

あなたにおすすめ

ニュース設定