ホーム > mixiニュース > 海外 > スマトラ島シナブン山で巨大爆発!噴煙7000m超 航空コード「赤」インドネシア

スマトラ島シナブン山で巨大爆発!噴煙7000m超 航空コード「赤」インドネシア

3

2019年06月09日 21:21  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ


 9日午後、インドネシア・スマトラ島のシナブン山で巨大爆発が発生し、噴煙は火口上空7000メートルを超えた。豪ダーウィンの航空路火山灰情報センター(VAAC)が、航空カラーコードを危険度が最も高い「赤」を発令した。
  同国国家防災庁(BNPB)によると、爆発的噴火が発生したのは、現地時間9日午後4時28分(日本時間午後6時28分)。雷のような轟音が鳴り響き、噴火が9分17秒間にわたって続いた。
  この噴火に伴って火山灰を含む黒い噴煙が立ち上り、火山の南から南東に向かって全長3キロの火砕流が発生に。ふもとの集落に大量の火山灰の雨が降った。

#Sinabung #eruptionpic.twitter.com/N0lBGulnz8 — . (@agungarta123) 2019年6月9日  スマトラ島北部にそびえる標高2460メートルのシナブン山は、2010年の水蒸気爆発以来、噴火活動が本格化。2014年の大爆発では、火砕流が4500メートル下まで流れ落ち、観光客ら16人が死亡。今年2月19日には、噴火活動が活発化して以来、最大規模の爆発が起きたばかりだ。   スイス・ジュネーブ大学の地質学者マッテオ・ルピ氏)は最近の研究で、シナブン山で火山活動が活発化した背景には、2004年のスマトラ島沖地震以降、翌年のインドネシア・ニアス島沖地震)、さらに2010年の同ムンタワイ島沖地震と巨大地震が相次いだことで、地下のプレートに亀裂が入り、マグマが上昇しやすくなった可能性があると指摘している。 3. Masyarakat yang berada dan bermukim di dekat sungai-sungai yang berhulu di G. Sinabung agar tetap waspada terhadap bahaya lahar.SUMBER DATAKESDM, Badan Geologi, PVMBGPos Pengamatan Gunungapi Sinabunghttps://t.co/e3xSZHmjFH pic.twitter.com/009DFQRjze — Cho Hamsyonk (@Cho_Hamsyonk) 2019年6月9日

このニュースに関するつぶやき

  • 旅客機に影響がなければいいのですが・・周辺地域での被害も気になりますね。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定