ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 大谷翔平は4打数無安打…3打席連続三振でチームも完敗

大谷翔平は4打数無安打…3打席連続三振でチームも完敗

2

2019年06月10日 13:54  ベースボールキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真写真
○ エンゼルス 3 − 9 マリナーズ ●
<現地時間6月9日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、本拠地で行われたマリナーズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。岩手・花巻東高の先輩にあたるマリナーズ先発・菊池雄星投手から6号ソロを放つなど、計3安打2打点を記録した前日の活躍から一転、この日は3打席連続で空振り三振を含む4打数無安打という結果に終わった。

 大谷は初回、二死無走者の場面で“オープナー”を務めたマリナーズの右腕・アダムスと対戦。2-2から投じられた内角低めの変化球にバットは空をきった。その後、4回の第2打席(無死走者なし)と6回の第3打席(無死一塁)は、かつて西武に所属していた左腕のルブランと対戦し、いずれも空振りの三振という結果。8回の第4打席(無死一塁)は3番手バティスタに、二ゴロに打ちとられた。

 結局、この日の大谷は3三振を含む4打数無安打に終わり、チームもマリナーズ相手にエンカーナシオンの通算400号を含む6本のホームランを被弾するなど、3-9で惨敗した。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    ニュース設定