ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 小林麻耶、生島ヒロシが経営する「生島企画室」への所属を発表 「偶然目の前を通られたのが……」と縁を感じるエピソードも

小林麻耶、生島ヒロシが経営する「生島企画室」への所属を発表 「偶然目の前を通られたのが……」と縁を感じるエピソードも

1

2019年06月10日 15:09  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真小林麻耶さん(画像は小林麻耶Instagramから)
小林麻耶さん(画像は小林麻耶Instagramから)

 小林麻耶さんが6月10日、アナウンサーでタレントの生島ヒロシさんが最高経営責任者を勤める芸能事務所「生島企画室」に所属することをブログで発表しました。生島企画室には、女優の浅野温子さんやタレントの優木まおみさんらが所属しています。



【画像】生島ヒロシさん



 小林さんは「この度、生島企画室に所属する運びとなりました」と新事務所への所属を報告。「事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした」と縁を感じるエピソードを披露し、新事務所への所属に静かな喜びをにじませています。



 TBSアナウンサーからフリーアナウンサーへ転身した生島さんに自身の経歴を重ね、「ご縁を感じています」と胸中をつづった小林さん。「悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく」と、生島さんの著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』の一説を引用し、「生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します」と気持ちをつづっています。



 小林さんは2018年8月に前所属事務所のセント・フォースを退所。その際、芸能界からの引退が報じられると、実際には引退の意思はなかったものの、体調不良で退所した負い目を感じていたことや、芸能記者をけん制したかったことを理由に引退宣言をすることに。



 2019年5月には「直撃! シンソウ坂上」(フジテレビ系)に夫の國光吟さんとともに出演し、一連の経緯や真意を告白。生島企画室への所属を発表したエントリは、「今までお世話になりましたセント・フォースさんに心から感謝しています」と前所属事務所への言葉で締めくくられています。これからも小林さんの活躍を楽しみにしています。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定