ホーム > mixiニュース > トレンド > 本場から直輸入「生タピオカ」はモチモチ! 黒糖が濃厚でおいしい「OWL TEA」人気メニュー

本場から直輸入「生タピオカ」はモチモチ! 黒糖が濃厚でおいしい「OWL TEA」人気メニュー

3

2019年06月10日 18:10  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「ERIKA'S SWEETS PARTY」。毎月テーマを決めて、横山が気になるスイーツを紹介します。6月のテーマは「タピオカスイーツ」。6月8日(土)のオンエアでは、生タピオカ専門店「OWL TEA」に注目しました。


■出来たてにこだわった生タピオカ

タピオカはキャッサバという芋のでんぷんを練ったものです。それを小さく丸めて乾燥させたものが“乾燥タピオカ”。乾燥させずにそのまま茹でたものが“生タピオカ”。練ったものを粉末状にして水を加えてこねたものが“タピオカ粉”です。流通面や保存に強いのが乾燥タピオカとタピオカ粉で、鮮度がいいのが生タピオカです。

今回紹介する「OWL TEA」は、台湾や中国で人気のタピオカ店との共同監修で立ち上げたお店で、生タピオカにこだわっています。中国や台湾でキャッサバから練ったタピオカを真空にして直輸入していて、即席のタピオカとはモチモチ感が異なるほか、黒糖漬けにしているため、黒糖の風味があるのが特徴です。2時間おきに作り変えているので、いつでもできたて。タピオカが熱いことがありますが、それは作りたての証だそうです。

生タピオカ専門店「OWL TEA」
お店の人気ナンバー1商品は「ザンザン黒糖」(Mサイズ・480円)。「ザンザン」は 中国語で「汚い」という意味ですが、実際に汚いという意味ではなく、カップの側面についたドリンクの模様を表現しているそうです。ドリンクはミルクと生クリームがベースになっていて、お茶は使われていません。そのドリンクにチョコやキャラメルが入ることで味が変わります。

横山はこの「ザンザン黒糖」を試飲しました。

横山:黒糖がすごく濃厚でモチモチ! 歯ごたえもしっかりあって、今まで食べたタピオカの中でもギュッと詰まったような大粒のタピオカです。黒糖シロップも、生クリームを使っているドリンクも全体的に濃厚です。タピオカも黒糖の甘さが感じられます。

生タピオカ専門店「OWL TEA」
「OWL TEA」は茶葉にもこだわっているということで、人気ナンバー2の「ほうじ茶ミルクティー」(Mサイズ・430円)では、そのスッキリとした味わいが楽しめます。

生タピオカ専門店「OWL TEA」の明大前店は、明大前駅から徒歩3分ほど。テイクアウトのみの提供です。ぜひ足を運んでみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『FRUIT MARKET』
放送日時:毎週土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket

このニュースに関するつぶやき

  • タピオカジュースって本当にブームなのか?
    • イイネ!3
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定