ホーム > mixiニュース > コラム > 生前葬をしたら葬儀は軽く済ませてもいいのか専門家に聞いてみた

生前葬をしたら葬儀は軽く済ませてもいいのか専門家に聞いてみた

1

2019年06月11日 08:02  教えて!goo ウォッチ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

教えて!goo ウォッチ

写真生前葬をしたら葬儀は軽く済ませてもいいのか専門家に聞いてみた
生前葬をしたら葬儀は軽く済ませてもいいのか専門家に聞いてみた
葬儀(死)の準備をしておいたという印象を与えることになる「香典に新札を使用してはならない」や「葬儀前に美容院にいく」は、どちらも禁忌だ。しかしこのマナーを当事者自らが破る「生前葬」が密かなブームを迎えている。

ちなみに生前葬とは、生きている間に行う葬儀である。亡くなってからではお世話になった方々へ御礼を告げられないとして、自らが主催者となり、自らの葬儀を生きているうちに行い、その席で感謝の意を伝えるという葬送儀礼のひとつだ。

近年では、著名人や財界人を中心に徐々に広がりを見せているが、まだまだ一般的とはいい難い。「教えて!goo」でも生前葬について馴染みがないため「生前葬をした人が死んだとき、実際の葬儀の方法は?」と、生前葬をした方の葬儀について質問をしていた。

■生前葬とは?生前葬がブームとなっている背景は?

まだまだ馴染みがない生前葬について、今回は全国で家族葬を執り行っているという「心に残る家族葬」の葬儀アドバイザーに話を聞いてみた。

「生前葬という形式自体、出来て間もないのでこれといった決まりはありません。ですからご自身で自由に決めることが出来ます」

実際に生前葬を行ってきた方は、どのような目的だったのだろうか。

「定年や引退、病気、快復などの人生の節目で生前葬を行う方が多かったですが、そういったきっかけだけでなく、単純に最後に仲間と集まっておきたいという理由の方もいらっしゃいました」

生前葬が生まれた理由や、ブームとなっている背景はなんだろうか。

「終活が流行している通り、死そのものに対する考え方が変化しているのだと思われます。あとは有名人の方々が行う生前葬の影響もあると思います」

■生前葬をした方が亡くなった時の葬儀は軽くて済ませてもいい?

続いて生前葬のメリットを聞いてみた。

「3点ありますが、1点目のメリットは感謝の気持ちを伝えることができるという点でしょう。2点目は、葬儀とは違って形式がないので自分で自由に決められることです。3点目は、生前葬を行うことで、実際の葬儀を簡易的に済ませても良いということにもある意味繋がりますので、実際の葬儀を執り行う負担が減るということでしょう」

実際の葬儀の負担が減るということは、火葬のみで通夜や告別式などは行わなくてもよいということだろうか。

「火葬のみでいいということではなく、生前に葬儀をしていますから、火葬のみでもそこまで失礼に当たらないという意味です。ですから火葬のみでもいいですし、通夜や告別式を行ってもどちらでもよく、ここも自由です。ただこれまでの例ですと、どちらにするかを生前からお決めになっている方が殆どで、それらに共通していたのは、生前葬よりも規模を抑え、ご家族だけで行っているケースが多かったです」

■生前葬は普及するか?

建設大手のコマツの元社長やビートたけしさん、サザンオールスターズの桑田佳祐さんなどがこれまで生前葬を行っており、一定以上の広がりを見せているが、これ以上普及するかどうかというと少々疑問だ。理由は費用の問題や、参加者を集める難しさなどがあるからだ。

しかし、生前葬の「生前に感謝の気持ちを伝える」という本当の目的には、誰もが理解と共感が得られるはずだ。生前葬を行うことで実際の葬儀の負担を安くするという考えはよくないが、もう少しライトなお別れ会のような生前葬が生まれると、普及する可能性はもう少し上がるかもしれない。


●専門家プロフィール:心に残る家族葬 葬儀アドバイザー
家族葬こそが、故人との最後の時間を大切に過ごしたいという方に向いていると考え、従来の葬儀とは一線を画した、追加費用のかからない格安な家族葬を14万3000円から全国で執り行っている。

(o4o7)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)



動画が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定