ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > パント! りさお姉さんの思い出

『おかあさんといっしょ』を卒業した上原りさお姉さんのオフィシャルインタビューをお届け!オーディションを受けた大学生当時の秘話も

89

2019年06月12日 15:41  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

Eテレ『おかあさんといっしょ』では、2019年春に体操のお兄さん・小林よしひささんと「パント!」のお姉さん・上原りささんが卒業しました。長期間にわたって番組を盛り上げてくれたお2人に、子どもたちがずっとお世話になっていたと感謝するママも多いことでしょう。

このたび発売される『NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン! パント!スペシャル 〜あそび と うたがいっぱい〜』は、よしお兄さん・りさお姉さんの活躍を振り返ることができるメモリアルDVDです。発売日の6月19日(水)を前に、りさお姉さんが7年間の思い出を語る貴重なオフィシャルインタビューが届きました!

子どもたちの「やってみたい」の種をまくのが私たちの役目



_V8A1257

『おかあさんといっしょ』のコーナー「パント!」では毎回スタジオ参加者から選ばれた子どもが、りさお姉さんと一緒にパントマイムを使った表現遊びをしていました。りさお姉さんが表現する「風船」や「バナナ」、「ロープ」などの動きを、きっとテレビを見ていたたくさんのちびっ子が真似していたことでしょう。しかし実はりさお姉さんは「パント!」がパントマイム初挑戦だったそうです。
『パントマイムをすること自体が初めて(笑)。それまで経験してきたダンスとは違う動きが必要で、戸惑うこともありました。そして、何もないところにモノがあるように見せるということが、どんな風に子どもに伝わるのか分からない部分もありました』
『おかあさんといっしょ』に参加しはじめた当時は、りさお姉さんはまだ大学生だったそう。初めての仕事での大役に不安も大きかったようです。しかし実際に子どもたちと接するうちに、次第に肩の力が抜けていったと言います。
『ところが、実際にはとても長いロープをイメージする子や雪遊びを真剣に楽しむ子がいたりと、子どもたちの想像力のたくましさは思った以上で、とても驚かされたんです。考えてみれば、そもそもおままごとも想像力で遊ぶもの。その共通点に気づいてから、難しく考えずに、肩の力がいい具合に抜けました。子どもの心の中に『お兄さん・お姉さんの真似をしたい』という芽が出るように、種をまき続けるのが、私たちの役目だと思います』
わが子を『おかあさんといっしょ』のスタジオ収録や「パント!」に参加させたいという声は、ママスタBBSのママたちからもよく聞こえてきます。しかし運よく収録に当選しても「パント!」に選ばれる子どもは毎回1組のみ。スタジオでは多くの子どもたちから「りさお姉さんと一緒にやりたい!」というアピールがあるそうですよ。
『スタジオ収録のときに、みんなが『やりたい!』と猛アピールしてくれたり、テレビの前でじっと『パント!』を見ていた子が急に真似をし始めたというお手紙をいただいたときはウルッとしましたね。子どもたちから、とてもパワーをもらいました』

りさお姉さんの弾ける笑顔に込められた熱い思い



_V8A1169

りさお姉さんの明るく弾けるような笑顔や豊かな表情には、子どもだけでなくママたちも魅了されましたね。しかしりさお姉さんによると、出演当初はどうしても緊張を隠せなかったそうです。
『昔の映像を振り返ると、お姉さんになったばかりのころは、やっぱり緊張がにじんだ表情ですね。それがだんだんと自然なものに変わるのが楽しいです』
今回発売されるメモリアルDVDに収録された『どんなかお』のうたクリップでは、りさお姉さんがさまざまな表情を見せてくれます。番組に参加してからまだ日の浅い時期に撮影されたもので、フレッシュに「変顔」に挑むりさお姉さんが見どころです。
『いえいえ、まだまだ甘くて恥ずかしいです。実は昔、妹に変顔をイジられたことがあって、ずっとコンプレックスでした。お姉さんになるオーディションでは『変顔をしてみて』と言われ、拒否したことも(笑)。意識が変わったのは、3〜4年目だったかな。たくみお姉さんがガッツリ変顔をしていましたから、私がやらないわけにはいかないって。それと、子どもたちが楽しんでくれたことが大きかったです。みんなの笑顔が、心のしこりを取り除いてくれました』
子どもたちを愉快な表情で楽しませてくれたりさお姉さんが、オーディション当時は変顔を拒否していたとは意外ですね! また「パント!」のお姉さんを務めるにあたっては、大学の先生に教えられた“顔”にまつわるある言葉を心の片隅に置いていたといいます。
『大学の先生に教えていただいた『頑張るよりも顔晴る』という言葉です。『頑なに張る』というのはつらいから、『顔が晴れるように』だったり、『心が晴れやかになるように』がんばろうという意味です。そのおかげで視聴者の方々から『りさお姉さんの笑顔で元気になれます』といった声を何度もいただきました。難しいこともあったけど、結果的に先生の言葉を表現できていたと思うと、こんなにうれしいことはありません。とても幸せな7年間でした。ありがとうございました!』
6月19日(水)に発売されるメモリアルDVDには、風船・バナナ・ロープ・傘・タオルと、りさお姉さんによる5つの「パント!」が収録されています。また、りさお姉さんが変顔に挑んだ『どんなかお』をはじめ、人気楽曲『パン・パパパン』や『シェイク シェイク げんき!』などの楽しいうたクリップも全14曲楽しめますよ。
特典映像としてDVDオリジナル映像「思い出トーク&メッセージ」ならびに、最後のファミリーコンサート旭川公演で行われた卒業のあいさつも収録しています。卒業したよしお兄さん・りさお姉さんの姿がたっぷり詰まったメモリアルDVDをぜひ親子でお楽しみ下さいね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

Print
『NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン!パント!スペシャル 〜あそび と うたがいっぱい〜』
発売日:2019年6月19日(水)
価格:3,200円+税
収録分数:109分 [本編68分+特典41分]
企画・制作:NHKエデュケーショナル
発行:NHKエンタープライズ
販売元:ポニーキャニオン

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • パントはむりがあったような…。だが実物は結構な美人! 意外だったw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 元気なりさお姉さんも良いが画像のおしとやかバージョンも捨てがたい…
    • イイネ!40
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(30件)

あなたにおすすめ

ニュース設定