ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 中井智彦×田代万里生がスタジオライブで共演! 「ミュージカル共演を目指します」

中井智彦×田代万里生がスタジオライブで共演! 「ミュージカル共演を目指します」

0

2019年06月13日 10:20  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEの番組『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』(ナビゲーター:中井智彦)。6月7日(金)のオンエアでは、前週に続き、俳優・テノール歌手の田代万里生さんが登場。ミュージカル『オペラ座の怪人』と『ラブ・ネバー・ダイ』について語りました。

【『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』(毎週金曜 22時30分−23時)】


■『オペラ座の怪人』と『ラブ・ネバー・ダイ』の関係性

ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』は、『オペラ座の怪人』の続編です。中井は『オペラ座の怪人』で、田代さんは『ラブ・ネバー・ダイ』で、それぞれラウル役を演じた経験があります。

『オペラ座の怪人』は、パリにある劇場・オペラ座の地下に潜む怪人・ファントムと、歌姫・クリスティーヌの物語。クリスティーヌの幼なじみとして登場する貴族が、ラウルです。

中井:万里生くんは『オペラ座の怪人』のラウルは意識して演じましたか?
田代:2014年の初演と2019年の再演があったんですが、演出家が2019年版のほうが『オペラ座の怪人』のラウルにこだわっていて、『オペラ座の怪人』のラウルの心情をより汲み取った演出を受けました。初演では人柄が変わり果ててしまったラウルをすごく求められた。今年のバージョンは変わったように見えて、コアな部分は変わらないラウルを求められました。

『オペラ座の怪人』を手がけたアンドリュー・ロイド・ウェバーは、ミュージカルではあまりないという続編として『ラブ・ネバー・ダイ』を制作しました。そのアンドリュー・ロイド・ウェバーにとって『ラブ・ネバー・ダイ』が特別な作品であることを田代さんが実感したあるエピソードを披露しました。

田代:『ラブ・ネバー・ダイ』の日本初演の初日に、ロイド・ウェバーさんが来日されたんです。ロイド・ウェバーさんの『サンセット大通り』とか『ウーマン・イン・ホワイト』とかも演らせてもらったけど、「『ラブ・ネバー・ダイ』は特別なんだな」と思いました。空港からヘリコプターで日比谷に飛んできて、あっという間でした(笑)。
中井:『オペラ座の怪人』は元妻のサラ・ブライトマンがクリスティーヌを演じていて、サラへの愛があるからこういう素敵な音楽が生まれたのかなと思っていて。『ラブ・ネバー・ダイ』でも、僕は若干サラと被ってしまうところがあるんです。


■『オペラ座の怪人』と『ラブ・ネバー・ダイ』で共通するメロディ

アンドリュー・ロイド・ウェバーは、『オペラ座の怪人』と『ラブ・ネバー・ダイ』の音楽のなかで、ふたつの緻密な関係性を潜ませています。

『オペラ座の怪人』と『ラブ・ネバー・ダイ』においてラウルが歌う曲で、歌詞は異なってもメロディが同じものがあります。『オペラ座の怪人』では、クリスティーヌと久々に楽屋で会うシーンで歌われる曲が、『ラブ・ネバー・ダイ』では、クリスティーヌにはファントムが必要だと察したラウルが、彼女の元を去るときに歌う別れの曲になっています。

中井は、「ミュージカルは知っているメロディラインが来るとゾクッとするんですけど、それを作品をまたいでやるのはすごい」と話します。

さらにオンエアでは、中井と田代さんが『オペラ座の怪人』の『オール・アイ・アスク・オブ・ユー』と『ラブ・ネバー・ダイ』の『なぜ僕を愛する?』をスタジオで演奏。実際のミュージカルではまだ共演したことがないということで、中井も「万里生くんとのミュージカル共演を目指します」と意気込みました。

田代さんは、2ndアルバム『Simpatia』を7月31日(水)にリリースします。ぜひ、チェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』
放送日時:毎週金曜 22時30分−23時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musical/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定