ホーム > mixiニュース > トレンド > バルミューダがレンジ自主回収

バルミューダがオーブンレンジを自主回収、誤動作により発火する恐れ

1

2019年06月13日 21:02  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真公式サイトより
公式サイトより
 バルミューダが、オーブンレンジ「バルミューダ ザ・レンジ(BALMUDA The Range)」の一部製品において不具合が生じることが確認されたとして、自主回収および無償製品交換プログラムを実施すると発表した。
>>キッチンシリーズ第4弾「バルミューダ ザ・レンジ」の詳細はこちら

 対象型番は2017年10月から2018年4月までの期間に生産されたK04Aシリーズで、製品の電気的制御を行っている電子部品に誤動作が⽣じる事象を確認。社内において詳細な検証を行った結果、誤動作によりオーブン⽤ヒーター管が作動した場合には庫内が⾼温状態になり、発煙、発⽕に⾄る可能性があることが判明したという。該当商品の購入者には、新品同色モデルと無償交換を行う。
 なお、同社はこれまでにも不具合によりトースター「バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)」の自主回収や、扇風機「グリーンファン ジャパン(GreenFan Japan)」の無償部品交換などを実施している。
【あわせて読みたい】バルミューダがライティングカテゴリーに参入した理由とは?
■対象製品・型番品名:バルミューダ ザ・レンジ(BALMUDA The Range)型番:K04A-BK, WH, SUバルミューダ:無償製品交換プログラム

あなたにおすすめ

ニュース設定