ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > 『ファイナルファンタジーVII リメイク』気になるバトルシステムを解説

『ファイナルファンタジーVII リメイク』気になるバトルシステムを解説

4

2019年06月14日 07:41  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 日本時間6月11日の10時より、ロサンゼルスにて開催されたE3で『ファイナルファンタジーVII リメイク』の最新情報が発表された。


 この記事では、E3でのライブで公開された『ファイナルファンタジーVII リメイク』の新情報についてバトルシステムを中心にご紹介する。


(参考:2年間で変貌した“クラウドの顔”と女装への期待 『FINAL FANTASY VII REMAKE』ティーザー映像を読み解く


・新『FF7』は分作で発売。第1作目はミッドガルの物語が描かれる
 これについては以前から発表がされていたが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』はオリジナルの『FF7』のストーリーを分割して複数本のソフトとして発売する。


 そして、今回の発表で2020年3月3日に発売される第1作目では、新羅カンパニーの本拠地ミッドガルでのストーリーが描かれるとのこと。


 今回のリメイク版のストーリーがどこまで原作に忠実に作られるかは不明だが、原作『FF7』ではミッドガル脱出までと言えば、ストーリー全体の半分にも達していない。となると、やはりリメイク版は3部作以上の超大作になるのだろうか。


・リアルタイムアクションとコマンドの融合
 前回公開されたトレーラーでは、今作のゲームシステムはアクションに近いものと予想されていたが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』のバトルシステムはリアルタイムアクションとコマンド選択式戦闘のハイブリッドだということが判明した。


 通常攻撃や回避行動はリアルタイムアクション形式で行われるが、戦闘中にコマンドメニューを開くと時の流れが遅くなるタクティカルモードに移行。タクティカルモード中プレイヤーは、バトル中に貯まったATB(アクティブタイムバトル)ゲージを消費してアビリティの発動やアイテムを使用することが可能になる。


 操作できるキャラはクラウドだけでなく、ワンボタンでバレットなど他のキャラと切り替えられる。バレットは通常攻撃で遠距離攻撃を行うことができるほか、使用できるアビリティもクラウドとは全くことなるものになっている。


 またアビリティ発動のためのコマンド選択はショートカットによって省略することも可能で、ショートカットを活用すればテンポを損なわずに爽快なアクションを楽しむこともできるようだ。


 『ファイナルファンタジーVII リメイク』はオリジナル『FF7』のようなコマンド戦闘の楽しみと、最新のアクションゲームの爽快感、その両方を堪能できる作品が期待できそうだ。


・新たに公開された映像には”ティファ”の姿も
 今回のライブストリーミングでは前日である6月10日に公開されたムービーのロングバージョンも新たに上映され、そのムービーには人気キャラクター”ティファ”の姿も確認することができたほか、バイクに乗った状態での戦闘が存在することも明らかになった。


 そして映像の最後では特典付きのデラックスエディションも発売されることも告知された。


・ファン待望の第1作は2020年3月3日発売
 『ファイナルファンタジーVII リメイク』、記念すべき分作第1作目は2020年3月3日発売予定。Blu-ray2枚組相当の大ボリュームで、RPG史に残る名作を味わえる日を心待ちにしよう。


(脳間 寺院)


このニュースに関するつぶやき

  • ワールドマップ製作から逃げ、先送りしミッドガル中心にした、という印象を受けている。値段もかなり高いし、ファン離れを引き起こしかねない要素はある。期待はしているが。 https://mixi.at/a9UP7yw
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ワールドマップ製作から逃げ、先送りしミッドガル中心にした、という印象を受けている。値段もかなり高いし、ファン離れを引き起こしかねない要素はある。期待はしているが。 https://mixi.at/a9UP7yw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定