ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「奥さんと離婚した」通販した商品が1年半来なかった理由に驚き 個人輸入の体験漫画で国際交流の奥深さを知る

「奥さんと離婚した」通販した商品が1年半来なかった理由に驚き 個人輸入の体験漫画で国際交流の奥深さを知る

0

2019年06月15日 09:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真通販が送れたときのお詫びメールが個性的
通販が送れたときのお詫びメールが個性的

 20年以上前から個人輸入をしてきた真夜中(しんや)さんが経験した、国別のクレーム対応メールを描いた漫画が、お国柄が分かりやすいと話題です。こんなメール来たら、荷物の遅れも許しちゃうかも。



【その他の画像】漫画を全部読む(全4ページ)



 いろいろな国から個人輸入したことのあるかずやさん(真夜中さん代理)。ロサンゼルスは注文から4日で届き、マレーシアなら2週間くらいで届くなど、おおよその到着日数が検討つくほど個人輸入をしてきました。



 しかし時には商品が届かないというトラブルも。韓国の業者に英語で問い合わせを送ったところ、わざわざ日本語を調べてくれて「慌てるな、待て。ご注意してありがとうございます!」という返信が届きました。英語ではなく日本語で返してくれる気遣いに、かずやさんも思わずニッコリです。また、5カ月経っても届かなかった台湾の業者は「ハイ! まだ発送してないよ! もう少し待ってて! 愛してるよ!」と、心ときめいてしまう返信が届いたとか。



 こんな数々の経験をしたかずやさんの中でも、とても印象に残っているのがイタリア。それは、かずやさん自身も注文したことを忘れていた1年半後。「覚えてますか?」とメールをしたところ、先方から届いたのはこんなメールでした、



 「心からごめんよ。奥さんと離婚したんだ。今から作るから待ってて欲しい。チャオ」



 そんな悲しい出来事を告げるメールに、かずやさんも「なんかごめん」と涙してしまったようです。そうだね、奥さんとの別れは悲しいよね、仕事なんて手につかないよね……。



 これが各国のスタンダードではないとしても、日本ではあり得ないような個性的な返信メールの数々。読者からは「各国のお国柄が出て良い」「国際交流の難しさと奥の深さを感じました」「日本基準で考えちゃダメなんだ」などの声が届いています。肩の力を抜いて仕事をしている感じで、なんだか微笑ましいですね。



画像提供:真夜中(しんや)さん


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定