ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 食べられる人工卵作りに挑戦 → なぜか偽卵黄を素材にバイオプラスチック包丁を制作

食べられる人工卵作りに挑戦 → なぜか偽卵黄を素材にバイオプラスチック包丁を制作

1

2019年06月15日 13:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真取り出せば偽の黄身ができあがり
取り出せば偽の黄身ができあがり

 YouTubeに「偽装卵はミニチュア包丁に最適です」という謎のタイトルの動画が投稿されユーザーの混乱を呼んでいます。さまざまなモノから包丁を作ってきた圧倒的不審者の極み!さんによるものですが、今回はまずリアルな卵の黄身を作るところから始まります。



【画像】完成した「偽卵包丁」



 食品添加物(アルギン酸ナトリウム)を水で溶かし、黄色と赤色の食紅で色を付けます。あとは塩化カルシウム水溶液を用意し、それをドロドロで橙色になったアルギン酸ナトリウム水溶液にかけることで表面が固まり、取り出せばプニプニとした黄身ができあがります。



 実はこれ、人工イクラを作る工程とほとんど一緒の方法であり、動画の冒頭では「人工イクラ」と「人工キャビア」を作る様子もみられます。イクラの見た目の特徴である“目玉”をどう作るのかもわかるので、気になった人はチェックを。



 先ほど偽の黄身が完成しましたが、より本物っぽくするために今度はナタデココが登場。何度か煮てから圧縮してつぶし、さらに2日間ほど乾燥させることでペラペラの状態に。その残った食物繊維をミキサーにかけて粉状にしたものを、黄身の色を付けたアルギン酸ナトリウム水溶液にプラスする形で、再び“偽の黄身”を作ります。



 すると、オレンジ色の半透明ゼリー(要するに巨大イクラ)のような黄身だった1回目と比較して、よりリアルな卵の黄身が完成。そこに薄くて透明なアルギン酸ナトリウム水溶液をかければ、一瞬では本物と見分けがつかなそうな生卵ができあがっています。すごい……!



 ……と驚いたところで、ここからが本題。包丁を作るため、これまでに登場した「ナタデココパウダー100%」「アルギン酸ナトリウム」「アルギン酸ナトリウム+塩化カルシウム」、そして最後の「アルギン酸ナトリウム+塩化カルシウム+ナタデココ」をそれぞれ3日間かけて乾燥させ、強度を測ります。ちなみに後の2つは事前に塩化カルシウム水溶液に8時間ほど浸しています。



 その結果、ラストの「アルギン酸ナトリウム+塩化カルシウム+ナタデココ(※2回目の偽の黄身)」だけ、驚くほどの強度を得ることに成功。その他は手で割れてしまう一方で、これだけハンマーで叩いても割れず、缶を貫通し、さらにフライパンを凹ますほど硬い物体に。そしてここでようやく、動画タイトルの「偽装卵はミニチュア包丁に最適です」の意味が分かります。長かった……。



 あとはまるでパウンドケーキでも作るかのように、型に大量の「アルギン酸ナトリウム+ナタデココ」を流し込み、そこに塩化カルシウム水溶液を入れて、12時間浸したまま待ちます。それから中の固まってない部分を出して、3日間乾燥させたら、橙色でカチカチのバイオプラスチック板が完成……!^いよいよ包丁作りへ



 そしていつものように糸ノコ、ヤスリ、砥石などを使い、見事な技術で完成させたのが「偽装卵から作ったミニチュア包丁」。硬度計による測定でフライパンより硬いことがわかり、キュウリもスパッと切れるのが確認できます。それを見せてからの「これは食べることができます」という字幕には、どうツッコミを入れればいいのか……間違ってないけど納得はできない。



 ある意味いつも通りの投稿主の行動に、海外ユーザーから「あなたが何をしているのか私は本当にわかりませんが、いつも面白いです」の声が寄せられるなど、頭にハテナが浮かびつつも楽しむコメントが多く寄せられています。なお、偽の卵を使ってAIの画像認識をだまそうとしたり、キュウリが意味不明なところから出てきたりなど、ユーモアのあるシーンもいろいろとあるので、ゆっくりできるときに約21分フルで見てみるといいでしょう。その際はイヤホン使用をオススメします。



画像提供:圧倒的不審者の極み!さん


このニュースに関するつぶやき

  • ""か何かでくくらないと、"極み!"さんが圧倒的不審者なのか、特に不審ではない"圧倒的不審者の極み!"さんなのか分からん。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定