ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > トッキュウ5号・森高愛、久しぶりのカグラでツインテール&ミニスカに照れ「極力下の方に…」

トッキュウ5号・森高愛、久しぶりのカグラでツインテール&ミニスカに照れ「極力下の方に…」

16

2019年06月15日 14:50  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ツインテール姿を恥ずかしがった森高愛 (C)ORICON NewS inc.
ツインテール姿を恥ずかしがった森高愛 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の小澤亮太(31)、西川俊介(25)、岸洋佑(25)、女優の森高愛(21)が15日、都内で行われた『4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!』ディレクターズカット版上映イベント舞台あいさつに登場した。

【全身カット】 絶対領域がまぶしい森高愛

 森高は2014年に放送された『烈車戦隊トッキュウジャー』でトッキュウ5号/カグラを演じた。当時、トッキュウジャー最年少だったこともあり、ツインテールにミニスカ姿で出演していた。同作出演のオファーを振り返った森高は「うれしかったんですけど、今は21歳。当時は15歳、16歳だったんでツインテールとか、ミニスカとか…。着れるかなと思ってドキドキした」と照れた。ツインテールも結び目を極力、下の方にしたそうで「本編中もどんどん下がってます」と裏話を披露し、共演陣を驚かせた。

 さらに「トッキュウジャーのカグラだった。広い世界にポンと飛び出すと、子どもが出ると、どうなるんだろうと思ったけどカグラはカグラだった」と撮影を振り返ると「ちょっと大人になったカグちゃんで戻って来ることができてよかった」とにっこり。岸は「最初のシーンから、お芝居に圧倒された。1人だけキャラができすぎている。『は〜い』みたいな」と軽くイジると、森高は「やってない!」とキュートに抗議していた。

 同作は「変わり者チーム」「乗り物チーム」「生真面目チーム」など、それぞれのコンセプトに合わせて夢のチームを結成している。もし、次作があるとすれば、どんなチームを結成したいか問われると森高は「やっぱりトッキュウジャーが好き」と愛を全面に。司会の松本寛也が「トッキュウジャーVSその他」と振ると「戦えるかなぁ…。駅を一つひとつ守ってただけなので…。トッキュウジャーは規模がちっちゃいんです」と不安げに。小澤はゴーカイジャーとして宇宙帝国ザンギャックと、岸はキュウレンジャーとして宇宙幕府ジャークマターと戦っただけに「こちとら、ちょっと強いかもね」と自慢げだった。

 同作は、今年の2月から3月にかけて放送された『怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊ルパンレンジャー』と『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の間の4週間限定のスペシャル番組。40年を超えても続く、スーパー戦隊のレジェンド戦士たちが集結して最強を決めるバトルを繰り広げるお祭りバトルが描かれ、Blue-ray&DVDは7月10日発売される。

このニュースに関するつぶやき

  • 「森高、ミニスカ」とあると40代以上の人なら「森高千里の娘か?」と一瞬思いそう。森高千里の娘さんも世代的にはそれくらいな筈だが話題にならないから違うのだろうね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ひとりたりなぃ( ´・ω・`)
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定