ホーム > mixiニュース > トレンド > BANDAI SPIRITSのラテアート

ドリンクに“直接”ラテアートを印刷できるだと……! バンダイスピリッツのすごい技術「フォーチューンラテ」を体験してみた

5

2019年06月15日 22:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真BANDAI SPIRITSが出展していた「フォーチューンラテ」
BANDAI SPIRITSが出展していた「フォーチューンラテ」

 バンダイスピリッツが東京おもちゃショー2019に出展している、ラテアートプリント技術を体験してきました。ゼラチンに印刷するのではなく、ドリンクに“直接”印刷できるのがポイント。



【画像で見る:ラテアートが作られるまで】



 6月15日から一般公開がスタートした「東京おもちゃショー2019」。今回ねとらぼ編集部が注目したのはBANDAI SPIRITSが出展していた「フォーチューンラテ」というコーナーです。ここではアイスカフェラテ、オレンジジュース、アイスティー、りんごジュースの中から好きなドリンクを選び、そのドリンクにラテアートをしてもらうという体験が500円でできます。



 筆者はアイスカフェラテを選択。すると、注文のタッチパネルに「ラスカル」「たまごっち」「ウルトラヒーローズ」を選択できる画面が出たので、今回は「ウルトラヒーローズ」の「ウルトラマンタロウ」を選びました。



 ここからがこのブースの真骨頂。ブースの皆さんと一緒に「レッツ! フォーチュン!」の掛け声をかけて、おみくじボタンを押すと、フードプリンター(ラテ専用可食プリンター)による全自動ラテアートが始まりました。



 驚かされるのがその印刷技術で、ゼラチンシートなどに印刷していくのではなく、ドリンクの上部に敷き詰められたクリームに直接印刷していくのです。担当者によると使われているのは4色ベースの食用のインク。発色もよく、ドリンクの上をフードプリンターが左右すると、色とりどりの図柄がプリントが施される様子は、思わず見入ってしまいます。



 そこから40秒ほどでラテアートが完成。気になるおみくじの結果は「吉」で、最後はブースのお姉さんがカップの蓋をつけて手渡してくれました。



 プリント部分が非常に精巧なため、飲んでしまうのがもったいないような気持でしたが、ドリンクを飲んでみるとそのおいしさにもびっくり。本格的なカフェで飲むようなお味でした。



 この技術はすでにCHARABREAD大阪エキスポシティ店(ラスカルシリーズのみ)で先行導入されているそうで、2019年夏以降は本格的に展開していく予定とのこと。担当者は「おもちゃ開発で培った技術を今後はフード業界でも展開していきたい」と笑顔を見せていました。



 東京おもちゃショー2019は6月16日まで、東京ビッグサイトで一般公開されています。


このニュースに関するつぶやき

  • →モノクロだけど無料でやってくれるタピオカミルクティー屋があってしてみたけど、飲んだらすぐに消える・・・。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「ゼラチンに印刷するのではなく、ドリンクに“直接”印刷できる」   大したもんだな。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定