ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > “第1章”最終回目前「あなたの番です」徹底推理 今週死ぬのは誰なのか? どこまでが早苗の犯行? 第2章の展開を予想する

“第1章”最終回目前「あなたの番です」徹底推理 今週死ぬのは誰なのか? どこまでが早苗の犯行? 第2章の展開を予想する

1

2019年06月16日 10:48  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「あなたの番です」第1章直前振り返りレビュー。早苗の隠していること、守っていることってなに?
「あなたの番です」第1章直前振り返りレビュー。早苗の隠していること、守っていることってなに?

 「あなたの番です」(日曜よる10時30分)、第9話は視聴率も8%と盛り返してきた。今夜第10話。第1章完結で、第11話からの第2章はどうなるのか完全予想してみる。



【画像】一目でわかる「あなたの番です」登場人物



●まず基本的な物語の設定を振り返ろう



 手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)がマンションに引っ越してきた。その初日に菜奈が出席した住民会はトンデモないものだった。ただの雑談のはずが、「殺したい人間がいる者同士が交換殺人をすると?」という話題になり、「死んでほしい人」をメモに書いて交換することに。



 そして、管理人の床島さんが菜奈と翔太の目の前で落下し死んでしまう。マンションの掲示板に死んでほしい人メモ「管理人さん」が掲示される。交換殺人ゲームのスタートである。



 毎週誰かが死ぬという展開を繰り広げ、いま、いよいよ第10話、第1章完結の直前である。



●第9話の展開を振り返る



 こうのたかふみが殺された。田宮淳一郎(生瀬勝久:103号室)の元部下であり、「殺したい人」としてメモに書いた人物だ。単身捜査をしている神谷刑事(浅香航大)と話し、早苗に疑惑を向けざるをえなくなる菜奈と翔太。そして、尾野幹葉(奈緒:301号室)と榎本早苗(木村多江:402号室)は扉のチェーンをいつもつけていると、菜奈は気づいてしまう。



 木下あかね(山田真歩:402号室)は、菜奈に管理人のゴミ袋から出てきたものだと紙切れを見せる。「会長さん 振り込まれていないよ どうした? あの写真をバラまくぞ?」とそこには書かれている。翔太は、神谷刑事が榎本正志を蹴っているところを偶然見つける。翔太は、早苗の部屋に何かあると確信して、侵入。早苗の隠し部屋を開くと、そこには。監禁されている黒島紗和(西野七瀬:202号室)、そして手錠をかけられている少年がいる。



 翔太は、逆上した早苗に脚を刺され、翔太までも隠し部屋に閉じ込められてしまう。



●第9話、気になったところ



■神谷の「リベルティ廃車」ってメモは?→おそらく榎本家の車。榎本正志が徒歩、榎本早苗が自転車で移動。車がなくなっているのだ。なぜ廃車にしたのか



■尾野、空室のはずの303号室で何してた?→303号室が空室になった経緯は、Huluのオリジナルストーリー「扉の向こう301号室」を見るとわかる



■佐野の手のケガ



■少年の隠し部屋にあったクーラーボックスは?→クーラーボックスを運ぶ佐野と関係がある?(佐野は、ただの釣り好きじゃなかったのか?)



■管理人のお詫びの(西村への)荷物の意味は?→麻雀のシート?



■「毎週死にます」なのに、9話では誰も死んでない?→久住が死んでる?



●第1章と第2章でモードが変わる?



 今夜(6月16日)放映の第10話で第1章最終回である。2クールなので、第2章も少なくとも10話ぐらいはあるだろう。とすると、「第1章と第2章でモードが変わる」のは確実だろうけど、どう変わるのか。



 これだけ死んだり引っ越したりして住民がいなくなると、このまま時間を進めていくのは厳しいのか? 「時系列を過去にもどして、事件の裏側と真相を描く」と予想しているサイトもあったが、さすがにそれは、ざっくり見ている視聴者をおいてけぼりにしすぎるマニアックな展開。そんなことを秋元康先生が許すとは思えない。



 では、第2章はどう展開するのか? 第10話で、早苗の犯行が暴かれ(後半で検証します)、事件は一応の落着をみせ、しかも住民がほとんどいなくなった状況で、かつ過去の事件の裏側をちゃんと暴きながら、だが時間を前に進め、魅力的な展開を維持するためには、どういう方法があるだろうか?



 第10話の展開、犯人と真相を推理しながら、第2章の構造を予測してみよう。



●10話以降、物語はどうなる?



 第9話で、翔太に隠し部屋を見つけられる榎本家。隠し部屋には黒島が監禁されていた。おそらく黒島は、翔太以前に真相に近づいたために監禁されたのだろう。



 隠し部屋に監禁されていた少年は誰なのか。榎本家が「家族」だと語り、榎本正志が「パパ」と呼ばれていたことを考えると、少年は榎本早苗と正志の息子。何らかの理由で監禁されていたのか。



 もうひとつは、運転が下手な早苗が少年をひいて、事件を隠蔽するために少年を監禁してしまった可能性。早苗の運転が下手だという描写が何度かあったこと、「会長さん 振り込まれていないよ どうした? あの写真をバラまくぞ?」という脅迫文(管理人が、少年を監禁している部屋を見つけ写真を撮って脅していたのだ)、車を廃車にしてしまった理由、これら全てが結びつくので、この可能性は高そうだ。



 早苗が管理人を殺してしまう。犯行と隠し部屋を隠蔽するために、交換殺人ゲームにみせかけようと、ドクター山際も殺害。その後は、疑心暗鬼になった住民たちの殺人の連鎖が起こってしまった。藤井とシンイーが必死に「交換殺人などなかった」ことにしようとしているのは、藤井とシンイーが交換殺人にノッてしまったためだろう。



 全て早苗のせいだったということになり、一件落着にみえるが、実は、落着しない(しちゃうと、あと10話もたないからね)。菜奈(原田知世)は、早苗さんの背後にいるはずの犯人に気付く。孤軍奮闘したほうが盛り上がるので、警察は味方にならない展開になるだろう。とするならば黒幕は神谷刑事だ。



 藤井やシンイーも、それぞれ1人は殺害している。そして、生き残ってる住民も、もう事件を掘り返したくないと願うだろう。そうすると、真相を暴こうとする菜奈と対立する。警察と住民を敵にまわして真相を探る菜奈、という展開が一番おさまりがいい。



 では、菜奈ひとりだけが、真相暴きにやっきになる状況とは?



●第1章最終話の展開予想「田中圭が死ぬ」



 それは、10話で誰が死ぬのかに関わる。



 菜奈が真犯人を追い詰めるだけの動機になり、第1部のラストにふさわしい衝撃的で意外な死は、「翔太(田中圭)の死」だろう。翔太が死ぬことによって、翔太を愛していた菜奈は、仇討ちとして黒幕を追い詰めるのだ。



 だが、「ダブル主演の田中圭が後半出ない」っていうのもマズイだろう。田中圭と原田知世の溺愛っぷりは、このドラマの視聴者の望むポイントのひとつだ。ここをナシにするという判断を、秋元康先生が許すわけがない。



 となると、死んだ翔太(田中圭)は幽霊となって登場するのではないか。幽霊の翔太は、あれやこれやの方法で菜奈ちゃんを守っていくっていうゴースト展開になる。映像的にチープになりそうだが、そのあたり戯画化した展開で突き進んでいるドラマなので、ギリギリうまくいけると踏んだ。



 しかも、幽霊になった翔太を登場させることで、時空を飛び越えて、いままでの事件の裏側を見せやすくなる。



 っていう展開で、どうだろうかー。



●横浜流星が登場する



 第2章、6月30日から横浜流星が二階堂忍役として登場することが公式で発表された。“AIを研究している頭脳明晰な男で、交換殺人ゲームの全貌を暴く大きな力となる役柄です。人とコミュニケーションを取るのが苦手で、無愛想にも見える二階堂が、変化していく過程も楽しみながらご覧頂けたら嬉しいです!”とコメント。



 翔太を失った菜奈のパートナーになる人物として活躍するのだろうか? とすると、田中圭が幽霊で登場説は薄いか。うーむ。田中圭+横浜流星に囲まれて菜奈ちゃんハーレム状態で捜査する展開も楽しそうだが、はたして、いったい第2章、どのように展開するのだろうか。



(ねとらぼGirlSide/米光一成)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定