ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ダル珍記録 9戦連続勝敗つかず

ダルビッシュ”珍記録”更新 7回10奪三振1失点の快投も9戦連続勝敗つかず

7

2019年06月16日 13:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真敵地でのドジャース戦に先発したカブスのダルビッシュ有
敵地でのドジャース戦に先発したカブスのダルビッシュ有
● ドジャース 1 − 2 カブス ○
<現地時間6月15日 ドジャー・スタジアム>

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)、敵地でのドジャース戦に先発登板。古巣相手に7回2安打1失点、10奪三振の快投を披露したが、援護なく勝利投手の権利を持たず降板。それでもチームは、1点を追う9回に3番・リゾの19号2ランで逆転勝ちした。

 ダルビッシュにとってドジャースは、2017年に半シーズン在籍した古巣。相手先発はここまで7勝1敗、防御率3.35のビューラーで、試合は両右腕による投手戦になった。

 この日のダルビッシュは制球が安定。2回は一死から5番・マンシーに左前打を許したが、3つのアウトをすべて三振で奪った。3回もテンポ良くアウトを重ねこの試合2度目の3者凡退。しかし0−0の4回、先頭の2番・バードゥーゴに、初球の真っ直ぐを右中間席へ運ばれた。その後も四球と盗塁などで二死三塁のピンチを背負ったが、6番・ビーティをニゴロ。渾身の真っ直ぐでバットをへし折った。

 ダルビッシュは5回以降、3イニング連続3者凡退をマークするも、ドジャース先発・ビューラーも6回まで2安打無失点の快投。我慢の投球が続いた。

 カブスは0−1と1点を追う8回、先頭の8番・ダルビッシュの打順で代打・ボートを起用。そのボートは四球を選んだが、続く9番・ラッセルが痛恨のニゴロ併殺。カブスはこの回も得点できなかった。

 ダルビッシュは7回109球を投げ、2安打10奪三振1四球で1失点。快投で防御率を4.65としたが、またしても今季3勝目は手にできなかった。

 ドジャースは無得点のまま迎えた9回、相手守護神・ジャンセンを攻め、3番・リゾが逆転となる2ランを右翼席へ運んだ。これでダルビッシュの黒星も消滅。右腕は前回登板で球団の記録が残る1908年以降では最長となる先発での8戦連続勝敗つかずという“珍記録”をマークしたが、その記録を9試合に更新した。

このニュースに関するつぶやき

  • ★そんなことはどうでもいいんだけど、ナ・リーグ東地区首位決戦ブレーブスvsフィリーズは今季最高のゲーム。ハーパー完璧12号もブレーブス9―8でサヨナラ勝ち!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • また勝ち負けつかずか ある意味持ってる あの場面で打ったリゾも流石だった
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定