ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > タカトシ「欧米か」呪縛あった

タカトシ「欧米か!」の呪縛あった 新スタイルで臨む“13年ぶり”漫才ツアー

31

2019年06月16日 20:04  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真タカアンドトシ (C)ORICON NewS inc.
タカアンドトシ (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・タカアンドトシが、13年ぶりとなる全国ツアー『タカアンドトシ日本全国漫才行脚〜 この漫才が目に入らぬか!?』を来月より開催する。前回のツアー中は、必殺フレーズ「欧米か!」が大ブレーク。今回は、新ネタ漫才をはじめ、訪れたご当地の漫才など“新スタイル”で臨むといい、タカは「気づけは結成25年。漫才で新しいことをやっていきたい」と気炎を上げた。

【動画】タカトシ・タカ、1ヶ月で8キロ減量「子どもと健康のため…」

 ここ10年でテレビ業界、地元・北海道でも安定した地位を確立したタカトシ。しかし、節目にめぐる同ツアーでは「漫才だけで魅せるスタイルに挑戦したい」とアピールすると「“○○か!漫才”を期待されている部分もやりますが、飽きさせないような色んなパターンの漫才を作りたい。お客さんを絡めた漫才や、時事ネタも考えてます」と意気込んだ。

 その中でも避けては通れないのは「欧米か!」のフレーズだ。記者からも“第二弾”を期待されたが、タカは「『欧米か!』も面白い漫才を突き詰めてたら偶然、生まれたフレーズですから」と語り、相方・トシも「ブレークした時も『次は何かあるの?』と期待されていた。当時は、どうしたらいいんだろうと悩んでいたこともありましたね」と笑いながら振り返った。

 そのプレッシャーも13年の歳月が和らげたといい「それに縛られて漫才出来ないよりは、自分たちが面白いと思える漫才をやろうと。結婚して、子どもも出来て、13年前とは違う“今の僕らの漫才”を突き詰めていけたら」とトシ。「13年が経ち、『欧米か!』の呪縛から解き放たれた?」との質問に2人が「そうですね」と口を揃えると、タカは「第二弾が出来たらうれしいけど、狙ってできるモノではないですから」とリラックスした表情で語っていた。

■公演スケジュール
【福岡公演】日程:7月26日 会場:ももちパレス 大ホール
【石川公演】日程:8月18日 会場:石川県文教会館
【北海道公演】日程:8月23日 会場:共済ホール
【香川公演】日程:8月28日 会場:香川県教育会館 ミューズホール
【広島公演】日程:8月29日 会場:広島県民文化センター
【宮城公演】日程:9月1日 会場:電力ホール
【熊本公演】日程:9月6日 会場:くまもと森都心プラザ プラザホール
【愛知公演】日程:9月11日 会場:芸術創造センター
【新潟公演】日程:9月12日 会場:新潟市民プラザ

このニュースに関するつぶやき

  • 最近ライオンやめたん?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 「タカトシランド」は地元の人気番組ですからね。日曜の再放送も録画して観てます。
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(18件)

あなたにおすすめ

ニュース設定