ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ウルグアイがエクアドルに4発快勝! 日本同居のC組で初戦を制する

ウルグアイがエクアドルに4発快勝! 日本同居のC組で初戦を制する

1

2019年06月17日 09:09  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ウルグアイがエクアドルに勝利 [写真]=Getty Images
ウルグアイがエクアドルに勝利 [写真]=Getty Images
 コパ・アメリカ2019のグループC第1節が17日に行われ、ウルグアイ代表とエクアドル代表が対戦。ウルグアイが4−0でエクアドルに勝利を収めた。

 ウルグアイはエディンソン・カバーニとルイス・スアレスが強力な2トップを形成。対するエクアドルは アントニオ・バレンシアやエネル・バレンシアらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 6分、いきなりウルグアイが先制する。スアレスが右サイドからクロスを入れると、ニコラス・ロデイロが巧みなボールタッチから左足のシュートを突き刺した。このゴールはウルグアイにとって、コパ・アメリカでの通算400ゴール目だった。

 20分、右サイドバックを務めるエクアドルのホセ・キンテーロが、競り合いのなかでロデイロの顔に肘を入れる。主審は一度イエローカードを提示したが、その後ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が発動。映像確認後にイエローカードが取り消され、代わりにキンテーロにはレッドカードが出された。これにより、エクアドルはシステムを4−4−1に変更せざるを得なくなる。

 前半30分を過ぎた頃から、ウルグアイがたたみかける。まずは33分、右CKの流れからディエゴ・ゴディンが頭で折り返すと、カバーニが右足ボレーで合わせてゴールを陥れた。そして44分には、左CKをマルティン・カセレスが流したところをスアレスが押し込み、3点目をゲットした。前半はこのまま、ウルグアイが3−0で折り返した。

 後半に入ると、ウルグアイはややペースを落としながらも、カウンターで虎視眈々とゴールの機会をうかがう。78分には、ペレイロがゴール前で折り返したボールが、アルトゥーロ・ミナの足に当たってゴールに吸い込まれる。このプレーの前にファールがあったかどうかを確認するVARが発動されるも、結果的にゴールが認められ、ウルグアイに4点目が入った。試合はこのまま4−0で終了した。

 次節、ウルグアイは日本と、エクアドルはチリと対戦する。

【スコア】
ウルグアイ代表 4−0 エクアドル代表

【得点者】
6分 1−0 ニコラス・ロデイロ(ウルグアイ代表)
33分 2−0 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表)
44分 3−0 ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)
80分 4−0 アルトゥーロ・ミナ(オウンゴール/エクアドル代表)

【スターティングメンバー】
ウルグアイ代表(4−4−2)
ムスレラ;カセレス、ヒメネス、ゴディン、ラクサール;ナンデス(64分 ペレイロ)、ベシーノ(82分 バルベルデ)、ベンタンクール、ロデイロ(75分 トレイラ);カバーニ、スアレス

エクアドル代表(4−3−3)
ドミンゲス;キンテーロ(24分 退場)、ミナ、アチリエル、カイセド;イントリアゴ、オレフエラ、メナ(29分 ベラスコ);A・バレンシア、E・バレンシア、プレシアード(46分 R・イバーラ)

このニュースに関するつぶやき

  • 審判がマッチョ過ぎて何も文句言えねぇわ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定