ホーム > mixiニュース > トレンド > スズキ、登場40周年記念の「アルト」発売 特別仕様で95万円台から

スズキ、登場40周年記念の「アルト」発売 特別仕様で95万円台から

4

2019年06月17日 14:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真スズキ・アルトの誕生40周年特別仕様車「Lリミテッド
スズキ・アルトの誕生40周年特別仕様車「Lリミテッド

 スズキは6月13日、軽自動車「アルト」の誕生40周年特別モデル「Lリミテッド」を発売しました。



95万円から スズキ・アルトの誕生40周年特別仕様車「Lリミテッド」



 アルトは1979年デビューの軽自動車。これまで40年、運転のしやすさ、使い勝手、経済性、求めやすい価格で、8世代にわたって展開されてきた「ザ・ニッポンの軽自動車」の一つといえる歴史的車種です。国内累計販売台数は2019年3月末時点で514万台。スズキ車で国内最多です。



 今回のLリミテッドは、アルトの誕生40周年を記念した特別仕様車です。アルト「L スズキ セーフティ サポート装着車」をベースに、人や車を検知して衝突被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」や、踏み間違いによる急発進を防ぐ「誤発進抑制機能」などの安全走行支援装備を搭載しながら、2WDのベースモデルで「95万5800円から」(税込、以下同)と100万円を切る価格を実現しました。



 ボディーカラーは特別設定の「ブリスクブルーメタリック」をはじめ、全5色。インテリアもブラックで統一した「インパネカラーパネル」や、メッキの「サイドドアハンドル」、ピアノブラックの「ドアアームレスト」などの特別装備とともに、専用の「40th Anniversaryエンブレム」をバックドアに装着します。



●軽は昔、新車でも数十万円後半で普通に買えたが……



 価格は2WDモデルで95万5800円から、4WDモデルで106万3800円からです。軽自動車の多くは100万円超え、中には軽なのにグレードやオプションによって200万円を超える車種もあるなど、軽自動車(というか自家用車全般)の販売価格帯がじわじわ上がりつつあります。通常モデルのアルトは84万7800円からとそもそも低廉ですが、安全走行支援機能もしっかりと備えた特別仕様車で95万円台という価格設定。何だか原点回帰の攻めの姿勢が心地よいですね!


このニュースに関するつぶやき

  • 50万円以下のモデルを投入してみれば?今のご時世だと当時以上に不景気を実感している層が多いしまたヒットするかも知れないね。記念モデル=装備充実の高額車は売れないだろうね…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 来年、ジムニー50周年記念の特別仕様車でるよね?期待して待ってます
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定