ホーム > mixiニュース > トレンド > 福岡、西中洲エリアに新名所

【福岡】中洲エリアに新名所が誕生!地元で話題のカフェ・飲食店が出店決定

22

2019年06月17日 15:00  じゃらんニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

じゃらんニュース

写真写真

福岡県では、天神中央公園の西中洲エリアの再整備が実施中。この地域が2019年8月に生まれ変わります!

今回、このエリアに出店する飲食店テナントが決定しました。美味しい飲食店を連ねる、全国にファンも多い福岡の中心のひとつともいえる場所なので、食いしん坊は気になりますよね。

出店する飲食店テナントの詳細を詳しくお伝えします!

記事配信:じゃらんニュース

天神中央公園西中洲エリアの再整備とは?

天神中央公園西中洲エリア
出典:じゃらんニュース

天神中央公園西中洲エリア
出典:じゃらんニュース

天神中央公園西中洲エリア
出典:じゃらんニュース

再整備は次のコンセプトの下に行われています。

●既存の那珂川沿いの空間や貴賓館の佇まいを活かし、天神・博多・西中洲、それぞれを結ぶ滞在型の新たな拠点を創出する。
●にぎわいがあり、訪れた人のフォトスポットとなる都心の公園にする。

那珂川を望む東側の施設には、川沿いに広いテラスが設けられます。西側の施設には、旧福岡県公会堂であるレトロな洋館貴賓館を眺めながら食事を楽しめるように、階段が作られます。どちらも、那珂川の水辺空間や貴賓館の存在をもっと活かそうという意図がみられるつくりになっています。

老若男女さまざまな人がいろいろなシーンでゆっくりと公園に滞在できるよう、多彩な業態がセレクトされているので、福岡がますます楽しみになりますね!それでは、天神中央公園西中洲エリアの飲食店テナントをご紹介していきましょう。

豆腐店が経営するカフェ&バー「TOFFEE」

カフェ&バー「TOFFEE」
出典:じゃらんニュース

西中洲で話題の豆腐料理店「三原豆腐店」が、豆腐とカフェ・バーを組み合わせた新業態で出店します!

三原豆腐店は1959年創業。豆腐店をベースに料理店に進出し、今度は新業態「ソイカフェ&バー」へ昇華というわけです。豆腐店が作るソイミルクなんて期待大ですよね! また、福岡県産の食材を使った季節に合わせたジェラートも展開予定だそうです。

ソイジェラートを使ったエスプレッソコーヒーフラペチーノ、季節を限定したフルーツフラペチーノなど、ワクワクするメニューが登場します。

カジュアルな野菜巻串&特選肉専門店「博多やさい巻串 鳴門」

博多やさい巻串 鳴門
出典:じゃらんニュース

博多やさい巻串 鳴門
出典:じゃらんニュース

博多で人気の「博多やさい巻串 鳴門」が、2号店として天神に出店!仕事帰りでもフラッと寄れるカジュアルさがうれしいお店です。

博多産の食材を中心に、職人が一本ずつ丁寧に焼き上げた野菜巻串と特選肉の専門店。新メニューとして「とりまぶし」「水炊きもつ鍋」もメニューに加わります。

昼と夜は違う顔?カフェ&バル「EPID’OR/一慶」

EPID’OR/一慶
出典:じゃらんニュース

EPID’OR/一慶
出典:じゃらんニュース

福岡を中心に14店舗を経営する株式会社なか尾が本格的なカフェ&バルを出店します。

「良質な素材とおいしさ」「お客さまの笑顔」「心地よい空間」にこだわり、大人がデイリーに使えるカフェとして登場します。夜は、博多の郷土料理が堪能できるそうですから、いろいろなシーンで利用できそうなお店です。

人気店のタッグ!ベーカリーレストラン「stock(pain stockとCOFFEE COUNTY)」

stock(pain stockとCOFFEE COUNTY)
出典:じゃらんニュース

福岡の人気店「パンストック」と「コーヒーカウンティ」が、「より良いものを提案する」ために強力なタッグを組みました。

大きなオーブン窯で焼き上げられる季節感たっぷりのオリジナルのパンや、年齢を問わず大人毎日食べられる日常食としての食パン・クロワッサンなど、どれもやさしい味わいです。使用するオーブンは世界最高峰との声が高いドイツの「ホイフトオーブン」というこだわり。また、「発酵による保存」もこのお店の大切なテーマだそうです。

パンはもちろん、パンのお供として欠かせないハムやチーズ、ジャム、さらにはコーヒーやワインに至るまで、その道のプロフェッショナルといっしょに提案していくそうなので楽しみですね。コーヒーは産地の個性を生かしながらも、パンに寄り添うようなコーヒーが提供されるとのことです。

まとめ

天神中央公園西中洲エリア
出典:じゃらんニュース

「福岡」といえば美味しいものがたくさん楽しめる土地として、全国で高い人気を誇ります。そんな福岡の中心地のひとつ、天神中央公園西中洲エリアの再整備の一環で、新たにこだわりのお店が登場しますよ。

既存の那珂川の水辺空間や貴賓館を活かし、天神・博多・西中洲、それぞれを結ぶ滞在型の新たな拠点を創出するというコンセプトの下で集結した飲食店テナントは、かなりのクオリティが期待できそうですね。開業予定は2019年8月。福岡・中州エリアからますます目が離せなくなりますね♪

天神中央公園西中洲エリアにおける飲食施設
開業予定/2019年8月
住所/福岡県福岡市中央区西中洲(福岡県営天神中央公園西中洲エリア)

情報提供元/西日本鉄道株式会社

※この記事は2019年6月時点での情報です

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 九大病院に通院する時に、通っています。���å��å��ؤ�OKチャリ��ž��で行く時も、地下鉄で行く時も(笑)しかし、8月にオープンですか��σ(^_^;)?もう間もなくですね���å��å��ؤ�OK
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 会社休みに行く予定だから寄っていきたい。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定