ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 「悲しい出来事がありました」 TBSの高畑百合子アナ、流産していたことを告白

「悲しい出来事がありました」 TBSの高畑百合子アナ、流産していたことを告白

0

2019年06月17日 15:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真高畑さん(画像は高畑百合子オフィシャルブログから)
高畑さん(画像は高畑百合子オフィシャルブログから)

 TBSアナウンサーの高畑百合子さんが6月17日、「悲しい出来事がありました」の書き出しでブログを更新。流産していたことを明かしました。報告するか迷ったものの、「一度は芽生えた命を、『無かった事』にしたくなく、書くことにしました」と公表するに至った心境をつづっています。



【画像】高畑さんと夫の堀江航さん



 高畑さんは、2月に平昌パラリンピックのパラアイスホッケー日本代表である堀江航さんとの結婚を発表。4月下旬に妊娠に気付き、5月中旬までは心拍が確認できていたようですが、6月4日の検診で心拍が止まっていることが判明。「そんなはずはない、と強く思いましたが、何度見せてもらっても、何度診てもらっても、やっぱり、動いていませんでした」と当時を振り返り、「先週初めに手術をし、私の中から、1つの命が居なくなってしまいました」とつらい現実を伝えています。



 妊娠してから徐々に頭の中が「お母さんモード」に変わっていったという高畑さん。安定期に入っていないことは自覚しつつも、まわりの人たちに妊娠を伝え、「おめでとう」とのお祝いの言葉をもらっていたそうで、「100%ポジティブだった私は、『まだ安定期ではないけど、』と言いつつも、喜びの方が完全に上回っていたな、と思います」ともつづっています。



 流産が分かったのは、まわりに報告した数日後のことだったとのこと。手術を受け、「体は、もう、3ヶ月前の、1人の体だった頃に戻ってしまいましたが、心の中には沢山の感情が残りました」と高畑さん。最後には、「ほんの短い期間でも、私の所に来てくれた命に、心から感謝します」と子どもへの感謝の言葉で締めくくっています。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定