ホーム > mixiニュース > トレンド > 東京ディズニーランドホテルの「アナ雪目隠しダイニング」でレリゴーを考えた

東京ディズニーランドホテルの「アナ雪目隠しダイニング」でレリゴーを考えた

0

2019年06月17日 16:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」
「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」

 東京ディズニーリゾート、東京ディズニーランドホテルにて8月3日〜18日、目隠しをしてディズニー映画の世界観の中でコース料理を堪能できる「食」のエンターテインメントプログラム「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」全26公演を開催します。2019年1月〜2月に実施された公演の再演です。



【その他の画像】



 以前ねとらぼでも、このプログラムの「美女と野獣」バージョンをご紹介しました。そのころから比べても大変パワーアップした内容で、初めての人も何度目かの人も十分楽しめるエンタテインメントに仕上がっています。しかも今回は誰もが知るあの「アナと雪の女王」。魔法のアイマスクをすれば、あなたもアレンデールに降り立ち、アナとエルサと仲間たちと“出会う”ことができるのです。聞き慣れたオラフの声も“新鮮に”聞こえるかもしれません。



 ……が、ディズニーを追いかけてきた私にとって、このアナ雪というコンテンツは少々気になる立ち位置であるため、とある一点だけが気になっていました。ひとまず開催概要は記事の最後にも書きますが、詳細は先に紹介した記事でどうぞ。



 以下、余談レベルのお話です。



●レリゴーという罪と罰——「アナと雪の女王」 の異質さ



 ディズニーが公開した長編アニメーション第53作目「アナと雪の女王」という映画は、アメリカでは2013年11月27日に、日本では遅れに遅れて2014年3月14日に公開された作品です。主人公はダブルヒロインとしてアナとエルサの姉妹が登場し、ご存じのように世界中で大ヒットとなった、記念碑的作品です。



 特に注目したいのは、やはりメインの楽曲となった「Let It Go」(以下、レリゴー)。エルサが氷の力を抑えきれず、地位と俗世間を捨て、1人で雪山の中で暮らす決断を歌った楽曲です。意外なことにこの楽曲は物語のクライマックスではなく、かなり早い段階で披露されます。



 公開からはや5年。皆さんも恐らく映画館で、DVDで、テレビ放送でこのアナ雪をご覧になったかと思いますが、いま思い出すシーンはやっぱりそのレリゴーなのではないでしょうか。そもそも当初はこのアナと雪の女王、邦題の通りアンデルセンの「雪の女王」をベースにしたストーリーであったといわれていますが、とある事件から大きく話を変更したとされています。当初はエルサ自身が物語のヴィランズであったとも。



 それを大きく変え、いまのようなアナ雪のストーリーに落ち着いたわけですが、個人的にはこのストーリー自体に注目すべき点はないと思っています。特にラストシーンでは「愛よ!」のひと言で全てを解決するという、だったら最初からそれをやれよ、というスットコドッコイ感を初見時に感じました。オレ内映画判断基準として「巨大化して愛を叫んだらもうそこでおしまい」のパターンです。「リトルマーメイド」? 「パイレーツ・オブ・カリビアン3」? それそれ。



 正直、ストーリーを評価基準にするのならば、アナ雪はその後に続く「ズートピア」、そしてオレ内ディズニー長編アニメ最高傑作「モアナと伝説の海」に比べるまでもなく、アナ雪は佳作レベルというのが正しい評価だと思ってます。しかし、そう切って捨てられない事情こそが、誰もが絶賛する「レリゴー」にあります。



 ストーリーが大きく変えられる原因はこのレリゴーの完成度だった、という話もあります。楽曲を体験した方ならばもうお分かりかもしれないでしょうが、この曲のパワーは計り知れないものがあります。



●レリゴーを“狙って”作った夫婦とは



 そもそもこのレリゴーは誰が作ったのでしょうか。



 本作の音楽は天才夫婦、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン・ロペスの夫婦が担当しています。これまでもオフ・ブロードウェイでマペットと人間が共存する世界を舞台にしたミュージカル「アベニューQ」を作ったり、夫のロバートはサウスパークの作家とモルモン教をコミカルに、そして鋭く描いたミュージカル「ブック・オブ・モルモン」を作り出しています。この夫婦を一躍有名にしたディズニー長編作品がこの「アナと雪の女王」でした。ロペス夫妻はレリゴー一曲で、ディズニーのかなりの部分を変えてしまいました。



 ロペス夫妻の作風はとても異質で、天才としかいいようがない、というのが私の評価です。ディズニーミュージックを聞きかじった人ならば、ディズニーのミュージックメーカーといえば実写版「アラジン」でもおなじみ、アラン・メンケン&ハワード・アシュマンというコンビが思い浮かぶかもしれません。彼らも天才ではあるのですが、ロペス夫妻は「過去に登場した天才たちの音楽をベースにし、新しい音楽を作り出す」というタイプの天才です。悪くいえばパクリ、よく言えば高度なオマージュです。



 例えば、「アベニューQ」の冒頭で流れる「What Do You Do with a B.A. in English?」という楽曲は、同じくジム・ヘンソンによるカーミットの「Rainbow Connection」のメロディを反転させたものだといわれていますし、「ブック・オブ・モルモン」に登場するウガンダの少女、ナバルンギが“夢のような場所”を夢みて歌う「Sal Tlay Ka Siti」(注:夢のような場所=モルモン教の聖地、ソルトレイクシティ)は、まさにアラン・メンケンミュージックの真骨頂ともいえる、人魚が人間の世界を夢みて歌う「パート・オブ・ユア・ワールド」そのものです。しかしロペス夫妻がすさまじいのは、これが単なるパクリではなく、完全にロペス夫妻の色として、最高のオマージュとして楽曲が完成しているところにあります。



 ロペス夫妻の作風は、音楽という仕組みを換骨奪胎する力を持ち、それを聴いたものの感情を意のままに操るタイプの楽曲を作る力を持っているように見えます。制作陣からの「ここでいい感じのヒット曲になり得る、ぶわっと盛り上がるヤツをシクヨロ」的なオーダーをそのまま曲に仕上げたのではないかと思うほど。結果として、オーダー通りの大ヒット曲を作り出し、映画そのものを変え、しかも世界で大ヒットという結果をもたらしました。怖いよロペス夫妻。ちなみにピクサー作品「リメンバー・ミー」の同名曲を作ったのも、このロペス夫妻です。



 ご存じのように、日本においてはエルサの声を松たか子さんが担当。レリゴーも松たか子さん自身が歌い上げ、これまた大変なヒットとなりました。影に隠れてしまっていますがエンドソング版のMay J.さんだって素晴らしい歌声でした。街中ではありとあらゆるところでレリゴーを聞くことができ、テレビでも繰り返し放送された結果、子どもたちはあの振りを覚え、レリゴーのピアノのイントロが流れた瞬間に、みんながレリゴーモードになってしまうまでになったわけです。



 当時の子どもたちの熱狂っぷりは、下記のレリゴー動画を見ても分かると思います。とてもほほえましいなか、ティアラを捨てる、手袋を風に飛ばす、足を踏みつけるといったエルサのレリゴームーブがきっちり子どもたちに伝わっているのが分かると思います。



 しかし、長くディズニーを見てきた者にとって、このレリゴーとは違和感のかたまりです。なぜなら……。



●何もかも間違っている——レリゴーの“目標”問題



 ディズニーに限らず、ミュージカル作品の基本展開として「アイウォントソング」というものがあります。これは主人公/登場人物が自分の願いを歌うというもので、基本的にはストーリーの最初の部分で歌われるものです。ディズニーにおいては、例えば白雪姫なら「いつか王子様が」(Some day my prince will come)、美女と野獣なら「ベルのひとりごと」(Belle(リプライズ))、リトル・マーメイドならばアリエルの「パート・オブ・ユア・ワールド」(Part of your world)がアイウォントソングです。もちろん、アナと雪の女王ではアナが「生まれて初めて」(For the First Time in Forever)、エルサにおいてはレリゴーこそがそれです。



 もう少しこのディズニー版アイウォントソングを掘り下げてみましょう。白雪姫が願う「いつか王子様がやってきて、キスをしてくれる」というものは映画の後半でかないますし、ベルが歌う「どこか遠くに冒険したら、私を分かってくれる人が現れる」というのもまさに美女と野獣のストーリーを表しています。アリエルもアイウォントソングで、まさにこの後にかなえる話を歌い上げています。夢は単に願うだけではなく、言葉にして歌にしてかなえる、というお話がディズニーの基本ともいえるものでした。



 さて、では「レリゴー」はどうでしょうか。日本語版の訳詞ですとあんまり表現されておらず、かなり意訳に近いというお話はテレビ放送がされるたびにブログでバズるネタではありますが、実はこのレリゴー、アイウォントソングとして捉えると、エルサが願うのは「全てを捨て去って一人で暮らすのでほっといてください」という願いを切々と歌い上げているわけです。



 しかし、アナ雪のストーリーは、アイウォントソングであるレリゴーの歌詞通りにはなりません。引きこもることは正解ではなく最終的には愛を持って、アレンデールの永遠の冬を取り消すことになります。そう、このレリゴーという曲は、アイウォントソングながら「その時点におけるエルサの想像の限界」を歌う歌だったのです。例えるならば高尾山口駅にいて高尾山の山頂を願うが、実はその先にはもっと大きな富士山という本当の願いがあったことに気が付かなかった、というような(?)。



 アナ雪においてレリゴーはエルサの本心でもストーリーの本質でもないという、実際にはとても中途半端な立ち位置の曲です。しかし、それでもすさまじい出来の、最高のヒット曲が作られてしまったというのがレリゴーの問題の根幹にあります。その結果、エンディングに至るクライマックスがかすんでしまい、中途半端に愛を叫び、中途半端に解決したように見えてしまうのです。全てはレリゴーの半端ないクオリティーが悪い。



 余談ですが、この構造は(日本プロモーションでは)レリゴーに続かせたかったであろうアイルゴーことモアナの「どこまでも〜How Far I'll Go〜」でもまったく同じ。これもその時点での想像の限界を歌うアイウォントソングでした。真のアイウォントソングである「モアナ」とのメロディの違いはたった5音。こちらまごうことなき天才、リン=マニュエル・ミランダによる作品です。



●ディズニーテーマパークに課せられた使命



 出来はすさまじく一回聴いたら絶対に心に残るメロディながら、メッセージ的にはかなり後ろ向きなこのレリゴー。もっとも困ったのは誰でしょうか。それは恐らく、ディズニーのビジネスにおいて「映画がヒットした後にコンテンツを展開させ継続的に売上を上げる」という立ち位置である、テーマパーク部門です。



 2013年に公開されたこの作品は、2015年春には新作短編「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」(Frozen Fever)を公開、2016年には中編「アナと雪の女王/家族の思い出」(Olaf's Frozen Adventure)を立て続けに公開し、2019年11月には続編「アナと雪の女王2」を公開することが決定しています。予想するに1作目の公開後、大ヒットが分かったタイミングにてこういったスケジュールがほぼ決定していただろうと考えると、ディズニーのテーマパーク部門に課せられた使命はただ一つ、「レリゴーの火を絶やしてはならない」にほかなりません。氷なのに火かよ。



 通常、テーマパークにおける映画コンテンツの本格展開は、それなりに時間がかかるものです。しかしアメリカにおいては映画公開の翌年、2014年3月にはアナとエルサがパレードに登場しています。その後、ちょっと面白い事象が観測できていました。



 2015年7月、本家ディズニーランドが開園60周年を迎えました。この時、ナイトパレード、花火、ナイトショーが一新された(参考:本家ディズニーランドは60周年! 「ダイヤモンドセレブレーション」5月にスタート)のですが、その全てでレリゴーが組み込まれたのです。



●それ、レリゴー追加できない? 「規定演技」としてのレリゴー



 そもそも、レリゴーというのは「氷」の世界を表現した歌です。反面、ディズニーテーマパークにおける夜のショーは花火やレーザーなど、熱や熱さを感じるものが多いので、実際のところ本来は合わないコンテンツといえるかもしれません。しかし、恐らくですがディズニーテーマパークとしては続編公開までレリゴー混入は必須であったのでしょう。想像するに、ショーを作り出すディズニーのイマジニア、デザイナーが素晴らしい完成度のシナリオを上司に決裁もらおうとしたら、「いいね、でもレリゴーないよ?」みたいな形で差し戻されたりしてるんじゃないでしょうか。なんだよその日本企業みたいなイメージ。



 その結果、華々しい60周年の祭事は、いつのまにやら規定演技「レリゴー」の品評会のようになってしました(いい意味で)。花火においては最初から最後までレリゴーを聞かせられることを生かし、あのピアノイントロが流れた瞬間、濃いファンであっても「またレリゴーかよ!」と失笑を誘うも、寒色系の花火を多用し氷の世界を見事再現。結果として再度のドア締めドーンのところでは、失笑していた家族も涙目で大拍手するという感動をもたらしました。



 パレードではレリゴーを使うものの、場所によって全フレーズを聴かせられるわけではないので、レリゴーの超おいしいところだけをつなぐという技巧的なレリゴーを披露。レリゴー評論家も間違いなく太鼓判を押す、見事な規定演技でした。反面、同時期にスタートした香港ディズニーランドの新ショーでは、どう考えてもこのシーンいらなくない?という雑なレリゴーが加わるなど、レリゴー一つとってもいろいろな苦悩が裏側にあるのだろう、と勝手に想像できるようになりました。



 そしていま。既に続編の情報が次々に登場しつつあり、ディズニーパークスにおけるレリゴー推しの役割は一定の成果をあげ、終演に近づきつつあります。呪縛からの解放、といってもいいでしょう。ウォルト・ディズニー・ワールドで2017年にスタートした新たな花火ショー「ハピリー・エバー・アフター」においては、アナ雪のシーンがあるのにレリゴーが使われないという衝撃的な展開で、レリゴー愛好家としてはのけぞるほどにびっくりしました。



 余談ですが2015年に1年間だけ開催されていた、そのレリゴー込みの花火ショーがディズニーランドにて久々に復活を遂げました。その初日の動画を拝見したのですが、街頭シーンでは老若男女全ての人間がレリゴーを大合唱している様が大変印象的でした。レリゴー飽きたは甘え。やっぱり我らにレリゴーは不可欠であり、レリゴーのある世界に生まれて良かったともう1度認識すべきなのである(断言)。



●舞浜で聴ける最新のレリゴー(?)「ダイニング・ウィズ・ザ・センス」



 本題に入りましょう。ディズニーテーマパークにおける規定演技であるところのレリゴーが聴ける(かもしれない)イベントが、2019年8月に再演されます。魔法のアイマスクを付け、まやかしではないアレンデールに誘われるという「ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」が開催されます。ここまで書いておいてなんなんですが、詳細は下記をどうぞ。



 このストーリーは、映画「アナと雪の女王」のストーリーのあと、夏のアレンデールを舞台にしています。「魔法のアイマスク」で目隠しすることにより、視覚をシャットアウトしたゲストだけが、あなたの想像力によりアレンデールへと旅立つことができるのです。



 しかし、ここまで読んでくれた方であれば、1つ大きな疑問を浮かべるでしょう。果たして、このイベントではどのようなレリゴーが体験できるのかと。



 レリゴーは物語の冒頭、未完のアイウォントソングとして歌われます。しかし、このディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センスでは、映画でのストーリーが一段落した後、魔法の力を折り合いを付けたエルサ女王のもとで開催されるパーティーに参加するというもの。そうなると、もはやレリゴーが入り込む余地はないはず。この日本において、レリゴーありきのアナ雪でノーレリゴーでフィニッシュしていいのか。レリゴーをレリゴーするなんて許されるのか??



 その答えは、このディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センスに参加したゲストのみが知ること。あなたは無事レリゴーできるのか。そんなことを確かめるためにも、ぜひだまされたと思ってご参加を。フルコース、超おいしかったし楽しかったです。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定