ホーム > mixiニュース > トレンド > 毛糸で縫えるミシンがおもちゃのレベル超えてる 「毛糸ミシンhug」で刺繍や“ふわもこ縫い”を体験してきた

毛糸で縫えるミシンがおもちゃのレベル超えてる 「毛糸ミシンhug」で刺繍や“ふわもこ縫い”を体験してきた

0

2019年06月17日 16:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真2019年10月上旬発売予定の「毛糸ミシン ふわもこHug」(税別7980円)
2019年10月上旬発売予定の「毛糸ミシン ふわもこHug」(税別7980円)

 毛糸で簡単にミシンが使える「毛糸ミシン」が東京おもちゃショー2019に初出展し、注目を集めています。これはおもちゃのレベル超えてる……!



【画像で見る:毛糸ミシンで作った“ふわもこ”作品】



 創業73年のミシンメーカー「アックスヤマザキ」(大阪市)が出展したのは、2019年10月上旬発売予定の「毛糸ミシン ふわもこHug」(税別7980円)。ミシンのように、さまざまな生地を毛糸で縫えるという優れもので、特殊な針によって毛糸と生地を絡み合わせてミシンのように縫合するという特許技術が組み込まれています。



 操作は非常に簡単で、毛糸を本体に引っ掛けてセットするだけ。あとは正面のボタンを押せばスイスイ進んでいくので、面倒な針穴通しや下糸の準備は必要ありません。また針交換は大人にしかできないような設計になっていたり、特殊針と布との間に指が入り込んでしまわないように、「針ガード」が標準装備されていたりと、とにかく安全に楽しくミシンが使えます。



 アックスヤマザキの山崎一史代表(※崎はたつさき)によると、2015年に初代「毛糸ミシン Hug」をリリース後、改良版や大人用などのバージョンを販売してきたとのこと。今回出展された「毛糸ミシン ふわもこHug」では、従来はできなかった“立体的な縫い”や“ししゅう”が可能になっており、会場では、子どもを対象に、腕に巻けるリボンや父の日に嬉しいメッセージカード、ポケットティッシュケースなどの制作が体験できるようになっていました。



 会場を訪れていた幼稚園生の女の子にお話を聞いたところ「すごく簡単」「すぐできる」とのこと。紙に刺繍するのは一見難しそうに見えましたが、カーブを描く縫い方も楽々とこなしているのが印象的でした。



 また編集部でも特別にふわもこ毛糸作品を作る体験をさせていただきました。まず特殊なパーツにふわもこにさせたい色の毛糸を巻き、その下に生地をあてたらボタンプッシュでミシンを稼働させます。



 そして最後まで縫いきったら、、ミシンによって輪っか状に縫われた毛糸をハサミでチョキチョキッと切るだけで、ふわもこなデザインが仕上がりました。これは簡単で楽しい……!



 山崎代表はこのふわもこを作るにかなりの情熱を注いだのことで、会場での評判も上々。発売が楽しみです。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定