ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ついに我慢の限界? PSG、金額次第でネイマール売却を承諾か

ついに我慢の限界? PSG、金額次第でネイマール売却を承諾か

0

2019年06月17日 17:17  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ピッチ外での行動が問題視されているネイマール [写真]=Getty Images
ピッチ外での行動が問題視されているネイマール [写真]=Getty Images
 パリ・サンジェルマン(PSG)が、ブラジル代表FWネイマールの売却を決断する可能性があるようだ。16日、フランス紙『レキップ』が伝えている。

 2017年夏にバルセロナから史上最高額となる2億2200万ユーロ(約270億円)の移籍金でPSGに加入したネイマール。加入後2シーズンで公式戦58試合に出場し、51ゴール29アシストを記録している一方、度重なる負傷やピッチ外での行動が問題視されている。

 3月6日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグのマンチェスター・U戦後にはSNSで審判を批判したことにより、欧州サッカー連盟(UEFA)から来シーズンの欧州大会3試合の出場停止処分が下された。さらに、4月27日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランスカップ)決勝では表彰式の最中に、サポーターと口論となったことを受けて、フランスサッカー協会(FFF)からも3試合の出場停止処分を科されている。

 その他にも、性的暴行事件で告訴されるなど様々な問題行動を繰り返すネイマールにPSGのナセル・アル・ケライフィ会長も痺れを切らしたようだ。フランスメディア『France Football』のインタビューに応えた同会長は、「選手たちはこれまで以上に責任を持たなければならない。これまでとは全く違う。彼らはもっとやらなければならない。ここに遊びに来たわけではないのだからね。そしてもしこれらのことに納得できないのであれば、扉はいつでも開いている。チャオ!」と放出に踏み切る考えを持っていることを明かした。

 さらに、ケライフィ会長は「スーパースター気取りのような振る舞いの選手はもういらない」とコメント。これがネイマールに向けられた発言だと見られており、今夏の売却の可能性が指摘されている。しかし、PSGは適正な金額でのオファーがあった場合のみ、ネイマールの売却を前向きに応じる考えであるようだが、果たしてオファーは届くのだろうか。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定