ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 開幕直後は苦しむも…再昇格後は打率.305のロッテ・岡大海

開幕直後は苦しむも…再昇格後は打率.305のロッテ・岡大海

4

2019年06月17日 22:52  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ロッテの岡大海(C)Kyodo News
ロッテの岡大海(C)Kyodo News
◆ 二軍で下半身を使った打撃を意識

 ロッテの岡大海は4月27日に再昇格後、打率.305(59−18)をマークする。

 岡は開幕一軍を掴んだが、18打数0安打と1本も安打を放つことができず、4月15日に二軍落ちとなった。「ファームでもう一度、しっかり下半身を使って打とうとやってきました。今も継続してやっています」。下半身を意識した打撃でファームでは降格後、打率.318(22−7)、2本塁打、3打点の成績を残し、4月27日に一軍再昇格を果たした。

 今季22打席目となった5月3日のオリックス戦で今季初安打を放つと、6日の日本ハム戦では今季初本塁打を含むマルチ安打をマーク。5月は月間打率.290(31−9)と復調の兆しを見せた。

 6月に入ってからも16日の中日戦で、日本ハム時代にチームメイトだった谷元圭介から「打った感じはよかったですし、あんなに飛ぶとは思わなかったです」とバックスクリーンに飛び込む豪快な一発。

 翌17日の中日戦でも「清田さんが出てくれたので、自分もなんとか後ろに繋ごうと思っていた。いい形で繋ぐことが良かったです」と7回に適時二塁打を放つなど、2試合連続でマルチ安打をマークした。

 「ファームで堀さん、福浦さんから下半身を使った打撃のアドバイスをいただいたので、今も確実にやっています。上にきてからも河野さんがティーを投げてくださったりしますし、みなさんの力を借りながらやっています」と感謝する。

◆ 2打席目以降は高打率

 打撃の状態が上がってきた岡は、2打席目以降の打率が高い。

▼ 岡大海の打席ごとの打撃成績
第1打席:率.111(18−2)
第2打席:率.364(11−4)
第3打席:率.429(14−6)
第4打席:率.455(11−5)
第5打席:率.200(5−1)
※再昇格後のみ

 第1打席は打率.111(18−2)だが、第2打席以降は3割以上の打率をマーク。特に打席数は少ないが、第3打席と第4打席の打率は4割を超える。

 岡は再昇格後、2打席以降の打率が高いことについて、「2打席目以降は、1打席目に(ボールを)見れているというのもあります」と話す。その一方で、「だからといって打てているわけではないですし、1打席目からもっと入っていかないといけない部分もあります」と反省する事も忘れない。

 2度首位打者に輝いたことのある角中勝也が離脱、開幕から好調だった清田育宏の状態が下がる中、外野のレギュラーを勝ち取ろうと必死にアピールを続ける。「自分がやれることは決まっている。目の前のことを一生懸命やり、結果を出し続けないといけない。そこを意識してやっていきたいと思います」。開幕直後、打撃不振に苦しんだ背番号“25”の存在感は、日に日に高まっている。

取材・文=岩下雄太

このニュースに関するつぶやき

  • 早く藤原上げろ。岡とか使えないだろ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 岡大海は代打よりも、スタメンタイプだとは思う���åɡʾ�����������今日も貴重な反撃タイムリー���åɡʾ�����������スタメンを続けて与えても良いと思う���åɡʾ�����������
    • イイネ!5
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定