ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「その話、前にも聞いた」… 好きな相手に脈ナシと誤解させたか不安になった失敗

「その話、前にも聞いた」… 好きな相手に脈ナシと誤解させたか不安になった失敗

1

2019年06月18日 08:01  ヒトメボ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ヒトメボ

写真脈ナシだと誤解させてしまったかも……?
脈ナシだと誤解させてしまったかも……?
好きな人に良く思われたい……というのは多くの人が考えることですが、必ずしもそれが上手くいくとは限りません。デートや会話の最中に悪気なくやったことが原因で、相手に脈がないと思われてしまったかも……と心配した経験について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

「それ、人と一緒のときにやる?」なスマホ操作。ソシャゲ、恋人とのLINE……


■「トイレ行って来る」と何度も席を立つ
「冷やしたのか、お腹の調子が悪くなってしまってデート中に何度もお手洗いに行ってしまいました。彼は、最初の方こそ笑顔だったけど、流石に私の戻りが遅かったときは「大丈夫?」と苦笑い。俺といてもつまんないから、席外したのかな、なんて思われてなきゃいいけど、と帰り際に不安になりました」(茨城県 27歳 女性)

デート中に何回もトイレ。タイミングは悪いですが、生理現象だから仕方ないですよね……。

■適当に思える相槌を打ってしまう
「学生時代、片想いの彼と電話で話をしていて、彼が好きな野球の話になったけど、私はルールとか甲子園出場校とか、あんまりよく分かっていなくて。ちゃんと聞いてはいたけど、「うん」とか「そうなんだ」とか相槌だけになってしまいましたを打っていました。電話を切った後、「ごめん。私、あんまり野球の事よく知らなくて」と正直に言えば良かったかな? と思いました」(埼玉県 23歳 女性)

きちんと話は聞いているだけに、相槌のせいで気を悪くしていたら……、と心配になった例ですね。

■「その話、前にも聞いた」と言ってしまう
「高校の頃好きだった女の子が、お菓子作りでの失敗談を話してくれたのに、以前聞いた記憶があったので、「その話、前にも聞いたよ」とつい言ってしまいました。表情が少し曇った彼女の顔を見て、「あー、言うんじゃなかったな」と思いました。初めて聞くフリをすれば良かったですね」(大分県 36歳 男性)

前に聞いた話の場合、黙って耳を傾けていた方がよいパターンと、指摘して話をきちんと聞いているアピールをした方がよいパターンの2通りあるので手強いです。

■「用事を思い出した」と言って帰る
「学生の頃、デート中に祖母から頼まれていた大事な用事を思い出したので、彼女には悪いと思いつつ謝って帰ったことがあります。本当に用事だったけど、客観的にみればデートが嫌になって切り上げた男だったよな……と今でも申し訳なくなります」(長崎県 30歳 男性)

デート途中での帰宅は、本当に重要な用件だったとしても、なかなか気まずいですよね。

■スマホを頻繁にチェックする
「気になっていた彼との食事中、頻繁にLINEが来るので、気になって何回も開いて確認してしまいました。大した内容じゃないのはわかっているので、本当は確認しなくてもいいのに……」(福島県 26歳 女性)

緊急の用がなければ、ここぞというときのデートの際はせめてサイレントモードに……。


意中の相手だからこそ、ちょっとした言動も後から振り返って不安になるもの。皆さんはどんな行動をしてしまったときに、脈ナシと誤解させてしまったかも、と心配になったことがありますか?

(サンマ雲)

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定