ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 井端氏がみた巨人・大城の一塁守備

井端氏がみた巨人・大城の一塁守備

1

2019年06月18日 08:14  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武−巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人の大城卓三の一塁守備について言及した。

 大城は捕手登録ながら、打力が買われ一塁で先発出場する機会が増えている。井端氏は大城の一塁守備について「昨年もその案はあったので、万が一のときに私も(巨人コーチ時代の昨季は)ファーストのノックを打っていました。なかなかキャッチャーをやりながらのファーストの守備だったので、そこまで多くはノックを打てなかったんですけど、昨年に比べてファーストの守備はだいぶ上手くなってきている」と評価。

 「完全にうまくなるには、キャンプで内野手としてやっていないので、そういうのを経験すると守備はどんどん上手くなっていくと思う。打撃を多いに活かしてもらえたらいいかなと思います」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定