ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 宮迫ら吉本芸人の闇営業問題をこじらせている? 怪しい特ダネを持ち込む”半グレ”の暗躍と評判

宮迫ら吉本芸人の闇営業問題をこじらせている? 怪しい特ダネを持ち込む”半グレ”の暗躍と評判

2

2019年06月18日 10:32  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真雨上がり決死隊・宮迫博之
雨上がり決死隊・宮迫博之

 この騒動で誰が得したのか? 

 雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮に波及した吉本芸人の闇営業問題。仲介者の「カラテカ」入江慎也は吉本興業を解雇されたが、ほかの面々は厳重注意処分で幕引きとなった。

 第一報をスクープしたのは、写真週刊誌の「フライデー」(講談社)。世間の空気感的には二の矢、三の矢を期待したいところだが、ここにきて急にトーンダウンしているという。”筋の悪さ”が原因だ。

「フライデー的にも、入江がクビになったのは想定外。あそこから流れがガラッと変わった。芸人や有名人のヤバイ写真を大量に保有している半グレ連中が、小遣い稼ぎできると踏んで、ここぞとばかりにマスコミに接近している。しかもマナーが悪く、価格をどんどん吊り上げたり、独占スクープの約束だったものを土壇場で他誌に流したり……。担当編集者を恫喝することもあったという。そうした筋の悪さが原因で、敬遠する媒体が出始めている」(ワイドショー関係者)

 一連の騒動では背後で大きな力が働いていたり、吉本興業vs.山口組と考えるマスコミ関係者もいたが、実際は「半グレが小遣い稼ぎでフライデーに持ち込んだものが、予想以上にハネただけ。裏はない」(事情通)という。

 この問題をややこしくしているのが、闇営業の動画や写真をメディアに持ち込んでいる、こうした半グレ連中だという。

「入江が解雇されたタイミングでこぞってこの騒動に参戦し、問題の忘年会映像や真偽不明の情報を売り込みまくっている。あたかもすべて知っているかのように振る舞い、特ダネを持ち込む人物が複数います。しかし、彼らがこの一件でより詳しい内情を知っているわけでもなく、ガセも多いので呆れかえっています」(週刊誌記者)

 ヤバイ話に尾ヒレは付きものだが、やりすぎはマスコミもソッポを向くようだ。

 

このニュースに関するつぶやき

  • ☆怪しい特ダネを持ち込む半グレの暗躍と評判 こういう闇絡みの話は、普段から実績ある実話系オッサン雑誌に限る。 時には命懸けで闇に乗り込んで情報を漁っとるからなぁ…あのテ。それを評価しとるからか、向こうもモノホンの筋から提供しとるし。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定