ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 広島、逆転負けでリーグ首位から陥落 交流戦に入り5カード連続の初戦黒星

広島、逆転負けでリーグ首位から陥落 交流戦に入り5カード連続の初戦黒星

14

2019年06月18日 22:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真7回、中村奨の左前打で二走細谷が同点の生還。捕手会沢=マツダ
7回、中村奨の左前打で二走細谷が同点の生還。捕手会沢=マツダ
● 広島 2 − 6 ロッテ ○
<1回戦・マツダスタジアム>

 ロッテが逆転勝ち。延長11回、代打・清田が決勝点となる左前適時打を放つなど、一気に4点を勝ち越した。広島は交流戦に入り5カード連続となる初戦黒星。オリックスに勝利した巨人と入れ替わり、リーグ2位へ後退した。

 広島は1点を追う4回、5番・西川の3号ソロで同点に追いつくと、なおも無死三塁から7番・安部が中犠飛を放ち2−1と逆転に成功した。先発の九里は5回1失点と力投。4勝目の権利を持って降板したが、7回に3番手の中村恭が3安打を集中され2−2の同点に追いつかれた。

 同点のまま迎えた11回は6番手の中崎に託すも、右腕は一死三塁から清田に決勝打を浴びたあと、2番・鈴木に右翼線への適時二塁打、代打・高浜にも左中間突破の2点適時二塁打を許した。中崎は結局、1回4安打4失点で3敗目(2勝8セーブ)。打線は5回以降、ロッテ投手陣に散発の4安打に封じられた。

 ロッテは先発・涌井が6回2失点で降板したが、救援登板したブランドン、酒居、益田、田中、西野が無失点リレー。5番手の田中はチームトップに並ぶ4勝目(0敗)をマークした。

このニュースに関するつぶやき

  • 落ち着け、4月のドン底から這い上がってきた自力を忘れたか。ラストゲーム10月あたりまで後何試合ある?もっとチームを信じて応援しなきゃ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 中崎はゆっくり二軍で休め。あんな球にキレがないのが続いているのに、使う緒方も緒方。勤続疲労。島内や遠藤の方が全然使える。田中のように使ってたら復活するもんじゃない。
    • イイネ!30
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

あなたにおすすめ

ニュース設定