ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 結婚希望の男女調査、内閣府

結婚したいのに「特に何も行動を起こしていない」が6割以上 男性はより消極的 内閣府調査

371

2019年06月19日 17:51  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真画像はイメージ
画像はイメージ

内閣府が公開した「令和元年版 少子化社会対策白書」で、結婚をしない理由は「適当な相手にめぐりあわない」としながらも、「特に何も行動を起こしていない」20代から40代が6割を超えることが分かった。


少子化社会対策白書では、結婚を希望している未婚の20代から40代の男女3980人を対象に行った意識調査を特集。独身でいる理由は、男女ともに「適当な相手にめぐり会わない」が最も多く、半数近い1864人にのぼった。次いで、男性では「まだ必要性を感じない」(29.5%)や「結婚資金が足りない」(29.1%)となり、女性では「自由さや気楽さを失いたくない」(31.2%)や「まだ必要性を感じない」(23.9%)という理由だった。また、過去の調査と比較すると、男女ともに「異性とうまくつきあえない」という理由が増加傾向にあるとしている。


「適当な相手にめぐり会わない」という回答を掘り下げると、「そもそも身近に、自分と同世代の未婚者が少ない(いない)ため、出会いの機会がほとんどない」が42.6%と最多。次いで「そもそも人を好きになったり、結婚相手として意識することが(ほとんど)ない」、「同世代の未婚者は周囲にいるが、自分が求める条件に見合う相手がいない」の順となっている。


その一方で「適当な相手にめぐり会わない」と答えた人に、相手を探すため何か行動を起こしたかを尋ねると、61.4%が「特に何も行動を起こしていない」と回答。性年代別では男性20代が72.5%と最も多く、30代が64.7%、40代が68.7%、女性は20代が54.8%、30代が45.7%、40代が58.1%となり、全ての年代で男性が相手探しに消極的なことがわかった。

このニュースに関するつぶやき

  • よし、計画を立てるかとするか。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 自分が好きになった相手が自分を好きになってくれるなんて普通に奇跡だよね。そんな出会いそうそうないのが普通だよ。
    • イイネ!166
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(257件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定