ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 水ダウ「新元号」企画で受賞

『水ダウ』3度目のギャラクシー賞月間賞 新元号企画で受賞「ロジカルに考え抜かれた演出」

102

2019年06月20日 12:27  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真新元号企画に挑戦したななまがり (C)ORICON NewS inc.
新元号企画に挑戦したななまがり (C)ORICON NewS inc.
 5月8日に放送されたTBS系バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』の企画「新元号当てるまで脱出できない生活」が、日本の放送文化の質的な向上を願い、テレビ・ラジオの番組、関係者に贈られる「ギャラクシー賞5月度月間賞」を受賞した。

【写真】昨年の『M-1』準々決勝に登場したななまがり

 同企画は、お笑いコンビのななまがりが挑戦。選評では、受賞理由について「新元号『令和』を当てるまで帰れないという企画。単に芸人を過酷な状況に追い詰めるのではなく、生活用品やヒントをポイントに応じて購入できるようにしたり、そのヒントのさじ加減が絶妙。それを解こうとする意思と力を持った芸人だからこそ正解の時の感動が大きかった。やりたい放題に見えてロジカルに考え抜かれた演出が効いていた」としている。

 受賞を受けて、同番組の演出を務める藤井健太郎氏は「ときに世間のお叱りを受けてしまうようなバラエティー番組で、このような賞を3度もいただくことができて大変光栄です。そして、気のせいかどんどん砕けた企画でいただけるようになっている気がします。大変光栄です」と喜びのコメントを寄せている。

このニュースに関するつぶやき

  • ランプの光り加減がヒントなのは良かったですね。3段階って。正解間際興奮したわ。「れい」の5画や!
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • 過去に受賞した2つの説も書いとけよって事で調べてきた。「先生のモノマネ、プロがやったら死ぬほどウケる説」「徳川慶喜見たことある人まだギリ生きてる説」の2つだって、確かに良い回だったわ!
    • イイネ!118
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(61件)

あなたにおすすめ

ニュース設定