ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 楽天3連勝で貯金10!力投の石橋4勝目 阪神はミスが響き6連敗、貯金消滅

楽天3連勝で貯金10!力投の石橋4勝目 阪神はミスが響き6連敗、貯金消滅

22

2019年06月20日 21:30  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真7回二死一、二塁の好機で決勝適時打を放つ楽天・島内=甲子園
7回二死一、二塁の好機で決勝適時打を放つ楽天・島内=甲子園
● 阪神 2 − 3 楽天 ○
<3回戦・甲子園>

 楽天は阪神戦3試合連続の逆転勝ち。貯金を今季最多の10とし、交流戦も9勝5敗で最高勝率に近づいた。

 楽天は2点を追う5回、阪神の一塁・原口、中堅・近本の連続失策などで無死満塁の好機を作ると、一死後、1番・茂木が中前への2点適時打を放ち同点に追いついた。7回も茂木のこの試合4安打目となる右前打などで二死一、二塁。この好機で2番・島内が中前適時打を放ち、3−2と逆転に成功した。

 投げては先発の石橋が、8回途中7安打2失点の力投。8回は無死一、三塁のピンチで降板したが、代わった高梨、青山の好リリーフで同点を許さなかった。9回は松井が締め23セーブ目(1勝2敗)。石橋は4勝目(3敗)を手にした。

 阪神は先発・高橋遥が好投するも、5回に原口、近本のダブルエラーから2失点。7回は逆転を許し、7回途中3失点(自責点1)で2敗目(1勝)を喫した。

 打線は6番・梅野の7号ソロなどで2点を先制するも、この日も中盤以降ゼロ行進。1点を追う8回は無死一、三塁の好機を作ったが、1番・近本の高く弾んだ三ゴロで、三走・木浪が本塁突入を自重。その後も2番・糸原、4番・大山が凡退し、同点に追いつくことすらできなかった。

 阪神は攻守にミスが出て引き分けを挟み6連敗。貯金がなくなり、交流戦の負け越しも決まった。

このニュースに関するつぶやき

  • エラーでピッチャーの足引っ張ってどうすんだよ。その上打てないしで勝てる要素ないんだからもっと集中しろよ�ܥ����äȤ�����
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 我らが阪神タイガース、予想どおりにまた負けましたか。これが実力。それでも人生は、続いていくのであった(Byゴルゴ13):
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定