ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > アイス「エッセルスーパーカップ」を冷やし中華に乗せたら、驚きのおいしさだった

アイス「エッセルスーパーカップ」を冷やし中華に乗せたら、驚きのおいしさだった

0

2019年06月21日 09:21  女子SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真写真
【シズリーナ考案:エッセル冷やし中華】

 今回ご紹介するのは、バニラの王道でおなじみの「エッセル スーパーカップ 超バニラ」(明治)を使ったアレンジレシピ 。

 スーパーやコンビニで必ず目にするフレーバー「バニラ」ですが、実はシズリーナ、マダガスカル産のバニラを0.01トン個人輸入するほどの超バニラマニアでもあります。

 そんなバニラマニアが考案した、バニラアイスの魅力がぎっしり詰まったアレンジレシピを2点ご紹介。最後までお付き合いくださいね!

◆「エッセル スーパーカップ」×「フルーチェ」の実力が気になって

 主力アイス「エッセル スーパーカップ」を使ったアレンジレシピをブランドサイトやSNSで展開している明治に、「シズリーナが考案したアレンジレシピも食べて欲しい!」とアポイントを取って行ってきました。

「アレンジレシピ展開に取り組む中で『エッセル』と『フルーチェ』を掛け合わせた『エッセル生プリン(イチゴ味)』に興味が引かれて……」と今回の取材を受けてくれたのは、明治のマーケティング本部フローズンデザートマーケティング部フローズンデザートグループの松野友彦氏。

 ……。

 実は、「コンビニ冷やし中華」と「エッセル」を掛け合わせた「超絶品アレンジレシピ」を前面に押し出してしまうと取材を断られてしまうことを懸念し、「エッセル生プリン(イチゴ味)」の実食をメインに話を進めていました。取材前日に「追加でもう一品実食していただけないか」と打診した結果、取材当日にOKをゲット。

 かなり蛇足ですが、「エッセル スーパーカップ」の正式名称が「スーパーカップ」でなく、「エッセル」だってご存じでしたか? 「エクセレント(非常に優れた)」と「エッセンシャル(絶対に必要な)」からできた造語で、「美味しくて質の高いアイス」「いつもみんなの真ん中にある正統派」という意味がこめられているんだそうですよ。

◆「エッセル生プリン」の作り方

 さて本題に戻りまして、「エッセル生プリン」の作り方をご紹介します。

 通常は、200mlの牛乳と「フルーチェ」の素をボールで混ぜ合わせて作る「フルーチェ」。

 ズボラ人間代表としては、そんな超簡単工程すらもさらに簡単にしたい! そこに、「内容量200ml」のカップアイス「エッセルスーパーカップ」が目に止まったのです。「まさか、牛乳で作る新食感スイーツ・フルーチェが“アイス”で代用できるわけないかー」と思いましたが、物は試しであります。やってみたところ…。大成功でした。

<材料>
・エッセル スーパーカップ(超バニラ) 1個
・フルーチェ(イチゴ味) 1袋

<作り方>
 屮侫襦璽船А廚料任髻¬閉袋へと移す
◆屮┘奪札 スーパーカップ」を入れて混ぜ合わせる

 たったこれだけで、「洗い物&待ち時間」ゼロの超絶品スイーツ「エッセル生プリン(イチゴ味)」の完成です。

 こちらを松野氏に牛乳で作ったものとアイスで作ったものを食べ比べていただきました。

 すると…。「どちらもおいしいですが、“エッセル”で作った方がバニラの香りやコクが爽やかに感じられ、濃厚なのにスッキリとした甘味が絶妙ですね。これはおいしい!(笑)」

この勢いで、続きます。

◆超絶品「エッセル冷やし中華」の作り方

 なぜ、この組み合わせを試そうと思ったのか…。暑さに体が慣れていないと急に食べたくなるのが「冷やし中華」。しかし、コンビニの冷やし中華の唯一の欠点を見つけてしまった。それは、食べる頃には「ぬるい」ということ。

 コンビニの冷やし中華をより美味しく食べたい! お店のようになるべく手間をかけずにキンキンの冷やし中華を食べたい! と思い考えたのが、こちらです。

  明治、松野氏ちょっとオカンムリに見えるのはアタシの思い過ごしであることを祈るばかり。

<材料>
・コンビニ冷やし中華(どのコンビニでも可)
・エッセルスーパーカップ(超バニラ) 約50グラム(4分の1)

<作り方>
器に盛ったコンビニ冷やし中華にエッセルスーパーカップ1/4を盛り付けるだけ!

<ポイント>
 食べる時によくスープに溶かして混ぜて食べてください。または、スープとアイスを別皿でよく和えてから盛り付けられた冷やし中華へスープをかけてください。

 果たして、お味の方は…。

松野氏「なるほどね。」

シズ「お味の方はいかがだったでしょうか?(ん?完食ということは……)」

松野氏「あー、なるほどね。」

 人がカニを無心で食べているかのような静けさで完食した松野氏、つまりはそういうことですね……!

◆いつでも戻ってこられる味「エッセル スーパーカップ」

「実は、昨年まで明治エッセルのスーパーカップ全体の売り上げが前年を下回る月が続いたんですよ。でも、「でかくて・安くて・うまい」が受け入れられたからこそ、今があると思っているので最終的に戻ってこられる味を守るためにも「ブレずにいこうぜ」を据えて頑張ろうと思っています」と松野氏が今回の取材を締めくくってくれました。

 まるでいつ帰っても笑顔で「お帰りなさい」と言ってくれる「お母さん」のような優しさもギッシリ詰まった大容量200mlのカップアイスの汎用性は、恐るべしです。

 みなさんも、ぜひ「エッセル冷やし中華」試してみてくださいね。

<文・写真/アイスジャーナリスト シズリーナ>

【シズリーナ】
年間4000種類以上のアイスクリームを日本全国食べ歩く、アイスジャーナリスト、アイスクリーム批評家。ジェラートの楽しみ方や市販アイスを美味しくさせる方法がインスタグラムで話題になっている。インスタグラム、ツイッター、LINEブログ

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定