ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ミュージカル俳優・岡幸二郎のピンチを救ったひとりのおばあちゃん「主演女優賞をあげたい」

ミュージカル俳優・岡幸二郎のピンチを救ったひとりのおばあちゃん「主演女優賞をあげたい」

0

2019年06月21日 10:00  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEの番組『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』(ナビゲーター:中井智彦)。6月14日(金)のオンエアでは、ミュージカル俳優の岡幸二郎さんが登場。ミュージカル俳優になったきっかけや、ミュージカル『レ・ミゼラブル』オーディションのエピソードを話しました。


■劇団四季『コーラスライン』を観て衝撃

岡さんのミュージカル初体験は高校1年生のときに観た、劇団四季の『コーラスライン』です。女優の前田美波里さんが岡さんの地元の福岡に来ると聞いた岡さんは、「この女優さんを観てみたい」と思い、チケットを買いました。

:でも、観に行った舞台に前田美波里さんは出てなかったという……。
中井:そういうことって、よくありますよね。
:それが初めてミュージカルに触れた瞬間でした。
中井:『コーラスライン』に触れてどう感じましたか。
:大体、「ミュージカルをやろう」と思う人間は、ミュージカルの終演後に「素晴らしかった!」「ああ、これやりたい!」と思うでしょ? でも、自分は『コーラスライン』の開演直後にパッと照明がついた途端に、ブルブルッと身震いして「これやろう」と思った。だから、ミュージカルを観終わったあとじゃなくて、始まった途端に「これやろう」と思ったの。ただ、なぜその瞬間にそう思ったのかは未だにわからない。『コーラスライン』でパッと照明がついた瞬間に役者が並んでいる姿にグッときたんだろうね。

初めて観劇した『コーラスライン』に心を鷲づかみされた岡さんは、高校卒業後はミュージカル俳優を目指します。

:当時、福岡の田舎に住んでいたんですけど、自分の親に「ミュージカルをやりたい」と言っても、親は観たこともないからそれを理解してくれない。どうしようと考えていくうちに、5歳からずっと書道をやっていたので、親に「書道の一番有名な大学に行く」と言えば東京に出してくれるのではないかと思いついて、それを親に伝えて、その大学を受験して受かったわけです。それで東京に出てきました。でも、本当の目的は書道をやるのではなくて、ミュージカルをやりたいから。

大学4年生のときに岡さんは、劇団四季のオーディションを受けました。

:私はカラオケばかりして、ダンスのダの字もやってない人間でした。それで劇団四季のボーカルオーディションを受けに行ったんです。でも、まさか劇団四季のオーディションで、ファンの北島三郎さんの歌を歌うわけにはいかないと思って、1曲だけイタリア歌曲を勉強して、それを劇団四季の主宰者・浅利慶太さんの前で歌いました。浅利さんに「日本語じゃないとわからない」と言われたけど、合格しました。その後、当時の劇団四季の会報にオーディション時の私の全身写真が載っていたんです。私が劇団四季を辞めた何年後かに、先輩に「実はお前がオーディションに来た日に、浅利先生は『俺はこいつをトニーにする』って言ったんだよ」と教えてくれました。
中井:トニーは『ウエスト・サイド物語』の主人公ですね。
:そういう経緯があって会報に写真を載せてくれたんだと思って。
中井:浅利さんは見極める目がすごくある方だから、(岡)幸二郎さんを見てピンときたんだと思います。


■岡さんを救ったひとりのおばあちゃん

続いて、岡さんがミュージカル『レ・ミゼラブル』のオーディション時にまつわる裏話を教えてくれました。

:『レ・ミゼラブル』の最終オーディションと、劇団四季の『クレイジー・フォー・ユー』初演の大事な稽古の日時が重なってしまったんです。まさか劇団四季に「『レ・ミゼラブル』の最終オーディションに行くから稽古を休ませてくれ」とは言えない。どうしようと思って、この『レ・ミゼラブル』のオーディションを教えてくれた、以前に共演した役者のおばあちゃんに事情を相談したんです。そうしたら、そのおばあちゃんは「岡くん、何時から稽古で何時からオーディションなの?」と訊いてきたんですけど、そこで話は終わったんです。

『レ・ミゼラブル』のオーディション当日、岡さんは劇団四季の稽古場にいました。

:稽古をしていたら、劇団四季の音楽部の方が駆け寄ってきて、稽古場を仕切っていた先生と話しているわけですよ。「何かあったのかな」と思っていたら、その先生が「岡、おじいちゃんが危篤らしい」って。それを聞いて「えっ」って思って。実は相談したおばあちゃんが「おじいちゃんが危篤だ」というウソを劇団四季に連絡したみたいで、そうきたかと思って。
中井:すごい。
:自分もそこで「何のことですか?」って言わなかったからまだよかったけど。先生に「岡、どうする?」って言われたから「最後に一目だけ顔を見てきていいですか」って言って、「病院はどこだ?」と聞かれて、帝国劇場に行かなきゃいけないから「と、虎の門病院です!」って答えて。「顔を見たらすぐ稽古場に戻ってきます」と言って、帝国劇場でオーディションを受けて、劇団四季の稽古場に戻ってきました。

後日、『クレイジー・フォー・ユー』の舞台が始まり、その楽屋で『レ・ミゼラブル』のオーディション結果を聞いた岡さん。

:電話越しに「岡さん、『レ・ミゼラブル』合格しました」って言われたけど、その場では喜べないから「わかりました」と電話を切りました。『クレイジー・フォー・ユー』で私が務めたムースという役は、劇中で『レ・ミゼラブル』を比喩している場面があって、「そんなフランス革命のミュージカルやってるわけじゃあるまいし」って言われる役だったんです。その日から、「『レ・ミゼラブル』をやるんだよな」と思いながら、舞台袖にはけていきました。

岡さんが初出演した『レ・ミゼラブル』の初日舞台に、恩人でもあるおばあちゃんも観に来てくれたそう。岡さんはおばあちゃんに「主演女優賞をあげたい」と話し、嘘をついたことに関しては「時効になった話」と語りました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』
放送日時:毎週金曜 22時30分−23時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musical/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定