ホーム > mixiニュース > コラム > 上司が食事に連れて行ってくれたら…これだけは言っちゃダメ!

上司が食事に連れて行ってくれたら…これだけは言っちゃダメ!

0

2019年06月21日 10:30  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
ビジネスシーンにおいて、感謝の表し方や褒め方を間違えると、悪い印象を与えてしまうこともあります。スムーズなコミュニケーションに繋がるお礼の仕方や、上司や部下の褒め方について、人材育成の企業研修や就職・転職支援を行っているCA-STYLE主宰・美月あきこさんに訊きました。

【6月20日(木)J-WAVE『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190620105309(2019年6月27日23時59分まで)


■ご馳走になった翌日の一言

上司や先輩にご馳走になったとき、どのように感謝を伝えたらよいのでしょうか。

美月:ご馳走になってお会計を済ませ、お店から出る段階では、ほぼ100%の方がお礼を述べると思います。解散した翌日の朝、その方に会ったときに「昨日はありがとうございました」と言えるかどうかは非常に大きな差だと思います。

ご馳走する側もさすがに、お礼の言葉が全くないと、快く思わないようです。

美月:私の友人が部下が30人くらいいる管理職をやっているんですけど、その人が「せっかくおごってやったのに」とグチを言ってまして(笑)。おごる立場とおごられる立場で、立場が変わるとそのように感じるんだなと非常に勉強になりました。「ありがとうございました」と律儀に何度も言うと「大したことないから」と言うものの、何もないと「あれ? 昨日、食事したよね」と感じるみたいです。


■連れて来てもらったお店の悪口はNG

上司と食事に行った際にやってはいけないことも訊きました。

美月:ご馳走になっているのに、連れてきてもらったお店の悪口を言う。例えば「接客している人の態度が悪いですね」とか。上司に対する否定ではないけれど、上司が連れて来てくれたお店の否定をしてしまうと、間接的に上司を否定してしまうことになります。

上司の機嫌を損ねてしまわないように、お店のことで何か思うことがあってもそのことには触れないようにしましょう。

美月:「何度か連れて行ってもらっていますが、どこのお店もおいしい」とか。お店選びもセンスが試されるので、お店を褒めることは間接的に上司を褒めることになります。どこか褒めるポイントを見つけて、上司に伝えればいいと思います。


■効果的な褒め方

上司を褒めるときのいい方法は、「間接的に褒めること」だそうです。

美月:その人が聞いているであろうときに、「この前連れて行ってもらったお店がとても美味しかった」という話が耳に入れば、上司はご満悦になるんじゃないでしょうか。

間接的に褒める方法は、上司だけでなく部下にも効果的です。

美月:最近はビジネス書なども多いので、部下を直接褒めたときに「俺をやる気にさせようとして褒めてるな」と感じられる場合もあります。でも、間接的に褒めたことが相手の耳に入ると、単純に「嬉しい」と受け止めてくれます。間接的に褒めるのは、威力があると思います。

コーナー後半では、リスナーの悩みに音楽を処方。この日は、「普段から体に力が入りやすく、寝ているときも食いしばってしまい頭痛や肩こりに悩まされています。少しでもリラックスするには、どうしたらいいでしょうか?」という40代の女性リスナーに、力が抜ける音楽としてシンガーソングライター・Donavon Frankenreiterの『Free』をオンエアしました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

    あなたにおすすめ

    ニュース設定