ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 震えるほどの素晴らしさ! 演歌歌手・徳永ゆうきと森山愛子が本気で歌った、映画『アラジン』の名曲カバーに絶賛の声

震えるほどの素晴らしさ! 演歌歌手・徳永ゆうきと森山愛子が本気で歌った、映画『アラジン』の名曲カバーに絶賛の声

0

2019年06月21日 12:20  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■徳永ゆうきと森山愛子が、『アラジン』の名曲「ホール・ニュー・ワールド」をガチでカバー!「徳ちゃん(徳永ゆうき)の歌に引き込まれちゃった!」(森山愛子)

【動画】徳永ゆうきと森山愛子が本気で歌った「ホール・ニュー・ワールド」動画。必見!

6月7日の公開初日を含めた週末の3日間で動員約96万人、興行収入約14億円を記録して初登場No.1の大ヒットスタートを切り、公開2週目も連続No.1に輝くなど、日本でもぶっちぎりの大ヒット中のディズニー最新映画『アラジン』。
名だたるアーティストのリリースラッシュのなか、サウンドトラックも2週連続でオリコンTOP10入りにランクイン。またiTunesほか、各配信サイトでも「ホール・ニュー・ワールド」がヒットソングとして軒並み1位を獲得など好調で、1992年度のアカデミー賞とグラミー賞を席巻したこの名曲が、再び脚光を浴びている。

そんななか、この世界的な大ヒット曲をカバーした“歌ってみた“動画が公開された。

歌っているのは、なんと若手演歌歌手の徳永ゆうきと森山愛子。アメリカの歌手シンディ・ローパーの前で「赤とんぼ」を歌い号泣させた、奇跡の歌声の持ち主である森山と、甘く優しい歌声に定評のある期待の新星・徳永という、演歌界の若手ふたりによる圧倒的な歌唱となっている。

本企画は、森山が取材現場にたまたまあった『アラジン』のポスターを見ながら、本楽曲のサビを口ずさんだ様子をスタッフが見かけたことから実現。もともと森山はディズニーの名作『シンデレラ』やアニメーション版の『アラジン』も小学生の頃から何度も鑑賞しており、特に『アラジン』に登場する魔法のランプと空飛ぶ絨毯はほしいと思っていたそう。

一方、徳永はTV番組でJポップアーティストの楽曲をカバーして以来、様々な楽曲のカバーリクエストが殺到している人気者。そんなふたりはレーベルメイトでもあり、このたび異色デュエットが実現した。

撮影では、ふたりなりの「ホール・ニュー・ワールド」を意識した衣装を着用。徳永はアラジン=王子を意識した白い着物、森山はヒロインのジャスミンのイメージに近い、最近新調したドレスで登場した。歌い終わった感想を聞かれた森山が「徳ちゃんの歌に引き込まれちゃった!」とコメントすると、思わず徳永は恥ずかしそうに赤面、「先輩にリードしていただきながら楽しくできました!」とコメントした。

また、彼らのほかにも、映画の公開を受けて内容に感動したアーティストが本楽曲の“歌ってみた”動画を公開。同世代の男女から絶大な支持を得ている、インスタライブ発の男女ボーカルユニット“まるりとりゅうが”が6月14日に公開した動画は、すでに14万回以上もの再生回数(6月20日時点)を記録、ふたりの柔らかく甘い歌声によるハーモニーが話題を呼んでいる。

映画『アラジン』の公開がきっかけとなり、27年の時を超えて再び注目を集めている稀代のラブソング「ホール・ニュー・ワールド」。様々なアーティストが自分たちの思いを込めたカバーの数々も見逃せない。


映画情報
『アラジン』
6月7日(金)全国公開
監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画『アラジン』作品サイト
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html

    あなたにおすすめ

    ニュース設定