ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > フリーの宇垣美里アナとフジの山崎夕貴アナはどちらが幸せか…局アナでい続けることの意味

フリーの宇垣美里アナとフジの山崎夕貴アナはどちらが幸せか…局アナでい続けることの意味

1

2019年06月21日 19:41  Business Journal

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Business Journal

写真2019年4月に発売された、宇垣美里アナ初のフォトエッセイ『風をたべる』(集英社)
2019年4月に発売された、宇垣美里アナ初のフォトエッセイ『風をたべる』(集英社)

 今年3月いっぱいでTBSを退社し、この4月から芸能事務所オスカープロモーションの所属となった宇垣美里アナ。アイドル顔負けのルックスで人気を博し、局アナ時代から青年誌のグラビアに出演するなど、女子アナらしからぬ方向性でも活躍していた宇垣アナだが、フリー転身後の評判はイマイチのようだ。芸能関係者はこう話す。


「世の中的には、宇垣アナのセクシーグラビアなどを期待する声が多いのですが、本人は決してそういう方向性を望んでいるわけではないとのこと。さらに、芯が強くてスタッフに媚びを売るようなタイプでもなく、現場ではツンツンしていると思われがちな部分もあり、時には“態度が悪い”などと言われてしまうこともあるようです。そういったいろいろな事情が絡み合って、“宇垣アナは使いにくい”と言われることもあるみたいですね」


 人気絶頂のなか、仕事の幅を広げるべく局アナを辞めたからといって、いきなりの大成功が約束されているわけではないのが芸能界。宇垣アナは、そのシビアな状況を目の当たりにしているということなのかもしれない。


●フリーになれば、女性タレントも“ライバル”


 一方、テレビ局の“看板アナ”として、いきいきと仕事をしているのが、フジテレビの山崎夕貴アナだという。


「朝の情報番組『とくダネ!』のMCや『ワイドナショー』のアシスタントMCを担当し、仕事も充実。フジテレビの看板アナとして局から寵愛されており、本人的にも不本意な仕事を振られることも少なく、現状に大満足しているようです。また、昨年結婚したピン芸人のおばたのお兄さんともラブラブで、ものまね番組で共演した時も、2人で仲良くいっしょに帰っていったそうですよ」(テレビ局関係者)


 現在の局アナ生活を満喫している様子の山崎アナ。フリー転身はしばらくなさそうだという。


「夫が芸人で収入も安定しないということで、生活を支えるという意味でも、安定した局アナの座からは離れないでしょうね」(前出・テレビ局関係者)


 確かに、宇垣アナのように鳴り物入りで局アナからフリーになったとしても、すぐに成功するわけではない。テレビ局員ともなれば、年収も高く、十分に安定した生活を実現できる。そういう意味では、局アナのほうがオイシイのかもしれない。


「テレビ朝日を退社してすぐにTBS『NEWS23』のメインキャスターに起用された小川彩佳アナのような、超好条件の“一本釣り”でない限り、フリーに転身したアナウンサーは、基本的にゼロからのスタートとなります。しかも、局アナ時代よりも求められることは増えるし、仕事を選んでいてはオファーも来なくなる。バラエティー番組に出るとしても、丸山桂里奈や朝日奈央などといった女性芸人並みに体を張れるタレントたちと枠を争っていかなければならない。とにかく、フリーの道はシビアですね。局アナのほうが安定しているし、長い目で見れば“勝ち組”ではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)


●企業の労働環境向上は、局アナの“メリット”


 最近では、日本テレビの市來玲奈アナやテレビ朝日の斎藤ちはるアナなど、元アイドルの女子アナも珍しくなくなっている。


「トップアイドルである乃木坂46のメンバーでいるよりも、局アナのほうが魅力的だということでしょうね。アイドルやタレントでいると、私生活もある程度制限されますが、局アナはあくまでも“会社員”であり、タレントほどの制約はない。そういう点でも、局アナのほうが勝ち組だといえるでしょう」(前出・テレビ局関係者)


 確かに、夫と番組で共演し、さらに収録後も局内で仲良くしている山崎夕貴アナの姿を見る限り、大っぴらに恋愛もできないタレントやアイドルよりも、局アナのほうが自由もあって幸せそうに見える。


「仮に結婚して出産するにしても、テレビ局の社員であれば産休を取ることもできる。それがフリーの立場だったら、復帰後の仕事は確約されませんからね。一連の「働き方改革」もあり、かつてに比べれば企業における女性の労働環境が整いつつあることも、局アナのほうが勝ち組である要素となっているのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)


 人気女子アナにとって、フリー転身がキャリアアップのための大きな一歩だった時代は、もはや終わりつつあるのかもしれない。これからは、いかに“局アナでい続けられるか”が重要となってきそうだ。
(文=編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • ☆ その安定の極みの代名詞扱いされる東京キー局女子アナでさえ、スポーツ選手やミュージシャンなどと結婚するための踏み台と言われていたが…それはどう説明する?
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定