ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 一反もめん転生 ヤバいPR漫画

狂ってやがる……! ギャツビーのPR漫画『一反もめんが転生したらボディペーパーだったんだが』に「公式が病気」の声

115

2019年06月22日 14:23  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真第1話「転生篇」
第1話「転生篇」

 ギャツビーと水木プロダクションがコラボした漫画『一反もめんが転生したらボディペーパーだったんだが』がTwitterで公開され、「公式が病気」「じわじわくる」「続きが読みたい」と話題になっています。発想からヤバい……!



【その他の画像】



 朝起きたらギャツビーのボディペーパーになっていた「一反もめん」という衝撃の設定で、ワキを拭くのに使われているシーンから始まります。使っていた男子も“喋るボディペーパー”に最初は驚きますが、「異世界転生 流行ってるしね」のひと言で片付けるのがすごいです。そして一反もめんの「ふつう異世界転生ものならハーレム展開とかだろ」という怒り。わからなくはないけど、なぜその知識があるんだ……。



 人間にボディペーパーとして使われる事実を認めたくない一反もめんですが、転生したことで得た潜在能力によって、汗・ニオイとの戦いに巻き込まれていく――というより、登場人物たちが「きもちいいいいいい!」と叫ぶほど気持ちよくさせてしまう物語となっています。さすが清涼成分(メントール)高配合のボディペーパーだ。



 同爽快防臭アクション転生漫画はギャツビー公式Twitterで公開中で、第1話「転生篇」、第2話「バトル篇」、第3話「別れ篇」で完結。なお、ギャツビーと水木プロのコラボによるPR漫画は今回が2回目で、昨年10月には「ぬりかべ」がスキンケアでイケメンになった漫画『イケ散らかしてるぬりかべ』が公開されていました。



 Twitterでは「いやまってナンだコレw」「狂ってやがる」などの動揺の声と同時に、「どうしよう、面白い」「くだらなくて好き」の声が上がり話題に。ちなみに漫画の監修は水木プロが担当し、作画は漫画家の一智和智さんが担当しています。


このニュースに関するつぶやき

  • この作家さんの『剥かせて!竜ケ崎さん』という漫画もかなりきてます��������
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 水木先生の原作では、フンドシにされてるんだから、この程度はビビらないんじゃないかなw
    • イイネ!63
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(64件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定