ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 初連ドラ 眞栄田郷敦が15kg増

眞栄田郷敦、連ドラ初出演で「約3カ月で15キロ体重を増やしました」 兄は新田真剣佑、父は千葉真一のサラブレッド

16

2019年06月23日 12:53  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真眞栄田さん(画像は眞栄田郷敦Instagramから)
眞栄田さん(画像は眞栄田郷敦Instagramから)

 俳優の新田真剣佑さんの弟である眞栄田郷敦さんが6月23日、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)で連続ドラマに初出演することが決定。眞栄田さんは「『この作品で日本中を元気にする!』という熱い思いをもって役を演じていきたいです」と熱意を伝えています。



【画像】眞栄田さんの別カット(2枚)



 7月7日にスタートする「ノーサイド・ゲーム」で、主人公の君嶋隼人(大泉洋さん)が人生の再起を図るための切り札となる七尾圭太役を演じる眞栄田さん。ドラマのオーディションを初めて受けた際には、自分だけ体が「すごく細かった」ために「約3カ月で15キロ体重を増やしました」とのこと。その後、複数回のオーディションをへて、七尾役を射止めたことを明かしています。すごい気合いだ。



 眞栄田さんは芸能界デビューした後、2018年9月にInstagramを開設し、「TGC KITAKYUSHU 2018」などのファッションショーやファッション誌のグラビアにも登場。2019年5月には映画「小さな恋のうた」で銀幕デビューし、12月公開の映画「午前0時、キスしに来てよ」にも主要人物として出演することが決定しています。



 眞栄田さんの連ドラ初出演に、ファンからは「うおおおおおおめでとう!!!!」とお祝いする声とともに「毎週必ず観ます!! 撮影頑張ってください」「郷敦くんの素敵な演技が、沢山の人に伝わるのが楽しみです」と応援の言葉が寄せられています。



●眞栄田さんのコメント



3回ほどオーディションを受けて、この七尾という役を演じさせていただくことになりました。とにかくこの作品に携わりたい! という気持ちが強くて、身体作りやお芝居で自分をこの役に近づけられるよう精一杯努力したつもりです。七尾役に決まったときはとてもうれしかったです。最初にオーディションを受けた際、ひとりだけ身体がすごく細かったので、約3カ月で15キロ体重を増やしました。でも、もう少し大きくしたいです(笑)。



台本を読んで、とにかく面白い! と思いました。台本を読んでいるうちに心が熱くなったり、鳥肌が立って泣きそうになったのは初めての経験でした。特に第1話で大泉さんがみんなに熱く語るシーンの、言葉の勢いやチョイスなどに自分もすごく熱くなりました。



七尾は海外で挫折して日本に戻り、夢を心の底にしまって普通の生活をしようと思っていた男ですが、トキワ自動車に入社していろんな人と出会ううちに自分の夢をもう一度つかもうと動き始めます。七尾は物語全体を動かす役どころだと思っています。



大泉さんはじめ共演者の皆さんもおっしゃっていますが、「この作品で日本中を元気にする!」という熱い思いをもって役を演じていきたいです。


このニュースに関するつぶやき

  • 「郷敦」と書いて「ごうどん」と読むのですね。兄に負けないくらい難しい名前( ̄▽ ̄;)
    • イイネ!5
    • コメント 14件
  • スリムクラブだと思った…
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

ニュース設定