ホーム > mixiニュース > 海外 > 中国と韓国の経済格差はどれだけ?「何年後に韓国に追いつけるか」=中国メディア

中国と韓国の経済格差はどれだけ?「何年後に韓国に追いつけるか」=中国メディア

16

2019年06月23日 22:22  サーチナ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サーチナ

写真中国メディアは、「中国と韓国の経済格差はどれだけあるのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアは、「中国と韓国の経済格差はどれだけあるのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 韓国は1950年代の朝鮮戦争の影響で深刻な貧困状態に陥ったが、60年代から「漢江の奇跡」と呼ばれる急速な経済成長を遂げた。一方の中国も、70年代終わりから始まった改革開放でやはり急速に経済成長し、その成長は今も続いている。

 中国メディアの今日頭条は21日、「中国と韓国の経済格差はどれだけあるのか」と題する記事を掲載した。中韓の経済格差を認めたうえで、何年後に韓国に追いつけるかを考察している。

 記事は、1988年にソウル五輪が行われたが、中国は2008年に北京五輪を開催したので「中韓の経済発展には20年の開きがある」と韓国メディアが伝えたことを紹介。これに対して中国のネットユーザーからは「小国のくせに生意気だ」と非難の声が多くあがったという。しかし記事は、1988年の韓国の1人当たりGDPが5000ドル近くだったのに対し、2008年の中国の1人当たりGDPは3300ドルあまりだったことを考えると、あながち間違っていないと指摘した。

 また記事は、現在の韓国のGDPは世界11位でロシアよりも上であることや、2018年の一人当たりのGDPについて言えば中国は1万ドルにも満たないが、韓国は3万ドル以上であったことを指摘。韓国は1994年の時点ですでに1万ドルに到達していたと、中国との差を強調した。

 では、中国が韓国に追いつくにはあとどれだけかかるのだろうか。記事は、中国がこのまま成長を続ければ「あと20年で追いつく」と分析。中国が今のペースで経済成長を続ければ20年後には1人当たりのGDPが4万ドルになり、韓国は10年後に4万ドルに達する見込みであるため、20年後の2040年に、中国は4万ドルを維持している韓国に追いつき、先進国の仲間入りをするという独自の試算を紹介した。

 これは、中国が現在の経済成長を維持することが大前提となっており、この前提には疑問符が付くが、中国人にとっては「韓国に追いつく」という目標自体が不服のようだ。記事に対するコメントを見ると、「こんな小国を目標にするなんて」と韓国を見下すようなコメントが並び、「我々の目標は日本ですらない。米国だ」とさらにその先を見据える人もいた。おそらく、いつまでも韓国を小国だと思いたい心理があるのだろうが、記事の筆者の指摘のとおり「現実を直視」する必要があるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

このニュースに関するつぶやき

  • そして合衆国大統領、北チョン黒電話の暴走で経済成長どころではなくなる自体も想像出来る!少数民族の方々の”正義の蜂起”で足元を掬われて、経済が潰れればいいな!(°°)幻ニキエロ!チャンコロ帝国
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 勝手に韓国の方から経済水準を下げて来てくれている様なのだが? https://mixi.at/aa3lLOl
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定