ホーム > mixiニュース > コラム > 戦闘力の高い戦国武将ランキング 武田信玄、徳川家康…1位はやっぱり…

戦闘力の高い戦国武将ランキング 武田信玄、徳川家康…1位はやっぱり…

27

2019年06月24日 10:11  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(aozora1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(aozora1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

戦国時代、大名が弱き者を屈服させていた。何よりも「武力」が必要とされたこの時代を生きた大名たちのなかで、最も「戦闘力が高い」と考えられているのは誰なのか。

しらべぇ編集部では、全国の10代〜60代の男女1,755名を対象に、独自にピックアップした人物のうち「最も戦闘力の高い人物」を調査。ベスト10をランキング形式で紹介する。

 

■10〜8位:三好長慶/毛利元就/今川義元

10位は一時近畿地区で絶大な力を誇り、「天下人」ともいわれた三好長慶。優れた能力を持っていたことは間違いないが、家臣の松永久秀に翻弄され病に倒れてしまったことが、評価の低い要因か。

そして9位は中国地方の雄、毛利元就。小規模の国人領主から中国地方統一を果たし、優秀な子孫を残した元就の戦闘力は非常に高いものがあると思われるが、下位にとどまった。

8位は「天下に最も近い」といわれながら、織田信長に命を取られてしまった今川義元。桶狭間の失態や、お歯黒で馬に乗れないと伝わっていることが大きいのだろうか。最近の研究では、武力に優れていたともいわれているのだが。

 

■7〜5位:島津義弘/伊達政宗/豊臣秀吉

7位は「鬼島津」と異名を取る島津義弘。徳川家康や豊臣秀吉が恐れた大名で、3,000の兵を300人で撃破したこともあるといわれる。関ヶ原での奮闘ぶりなどからすると、かなり評価が低いようにも思える。

6位には伊達政宗がランクイン。東北地方を制した大大名で、徳川家康が最も恐れたといわれる人物だが、強大な力を持ちながら秀吉と家康に臣従するしかなくなってしまったことが、6位になった要因かも。

天下を取り「戦上手」といわれた豊臣秀吉も5位に留まる結果に。水攻めや兵糧攻めなど、武よりも知力が評価されていることが影響したのだろうか。

■4〜3位:上杉謙信/徳川家康

4位は「越後の龍」上杉謙信。ほぼ負け無しの強さから「軍神」と呼ばれ、手取川の戦いでは柴田勝家・羽柴秀吉に勝利している。その戦闘力は「戦国一」とも称されているが、本調査では4位となった。

そして3位は神君徳川家康。関ヶ原では完勝した家康だが、武田信玄には三方ヶ原の戦いでは命からがら馬で敗走し、恐怖のあまり脱糞したといわれる。そんなエピソードが評価を下げた要因か。

 

■2〜1位:武田信玄/織田信長

2位は「甲斐の虎」武田信玄。武田二十四将と呼ばれる強固な家臣団を束ね、その強さは上杉謙信とともに戦国一といわれた。三方ヶ原の戦いでは、徳川軍に大勝。敗北した家康を自害寸前まで追い込んでいる。そんな力が2位に入った要因か。

そして2位に35.6%をつけての1位は織田信長。その強烈なカリスマ性と逆らうものは容赦しない態度で、次々と有力武将を倒していった。中でも最大のピンチと言われた桶狭間の戦いでは、2,000人程度の兵で2万とも5万ともいわれる今川義元を打ち破っている。

その後順調に勢力を拡大。本能寺の変で自害していなければ、天下は確実に信長の手にあった。そんな力が「戦国一」と評価されている。

織田信長が圧倒的1位となった「戦闘力が高いと思う戦国大名ランキング」。戦では信長の右に出る者がいないということのようだ。

・合わせて読みたい→「好きな戦国大名」ランキング おとろえないブームの中1位は不動の…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1,755名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • 【歴史が全ての結果だと思います】韓ドラ華ドラにハマってます。同じ人物が様々な角度で善人悪人変化します。記事の人物も虚像が大部分【戦闘力】を瞬間風速で捉えてないか?総合力でしょう
    • イイネ!10
    • コメント 0件
  • 誤解している人が多いが、信長は負け戦も多い。長島の戦いでは、敵を包囲しておきながら、ほぼ全滅の被害を食らっている。石山合戦も結局落とせず、正親町天皇に泣きついているし。
    • イイネ!45
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(25件)

あなたにおすすめ

ニュース設定