ホーム > mixiニュース > コラム > 日本語アクセントが「平板化」

日本語アクセントが平板化 若者からひたひた進行中

474

2019年06月24日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真イラスト:小迎裕美子
イラスト:小迎裕美子
「れいわ」「めにゅー」「としょかん」。これらの言葉をみなさんはどのようなアクセントで発音しているだろうか。最近、あらゆる言葉を平たく発音する人が増えてきた。平板化する日本語アクセントの謎について、放送関係者や専門家などがその見解を示す。

【NHKアナウンサーに支持するアクセントをアンケートした結果はこちら】

*  *  *
「このレタスがまた、シャキシャキしてて美味しいですね〜」

 テレビのバラエティー番組を見ていて違和感を覚えた。レポーターが、通常は1拍目にアクセントを置く「“レ”タス」を「レ“タス”」と平たく発音したのだ。(※アクセントの高いところにダブルクオーテーションマークを入れて示しています)

 このところ、「“メ”ニュー」「図書館(と“しょ”かん)」など、どこかに下がり目のある「起伏型」で発音されてきた言葉を、「メ“ニュー”」「と“しょかん”」と平坦に発音する人が増えている。言語学では「アクセントの平板化」と呼ばれる現象だ。最近では新元号「令和」のアクセントが「“れ”いわ」か「れ“いわ”」かで、テレビ各局の方針が分かれ、最終的に内閣府が「どちらでもよい」と答えたことも話題になった。

 現在50代の筆者は、以前は起伏型だった「し“め”さば」や「ゆ“で”めん」が平板化されても、もう違和感はない。しかし、「レ“タス”」は気になった。

「平板化をどこまで受け容れるか、その見極めはひじょうに難しい。苦渋の作業の結果が、これです」

 こう話すのは、元NHKアナウンサーで現在はNHK放送文化研究所の主任研究員、滝島雅子さん(52)だ。「これ」とは、民放を含む全国の放送局でアナウンサーやナレーターなどが参照する『NHK日本語発音アクセント新辞典』を指す。

 2016年、18年ぶりに行った改訂では、NHKの全アナウンサー498人から約1万2千語の「アクセントの要修正候補」を洗い出し、最終的に約3300語のアクセントについて変更が加えられた。

「その言葉のアクセントが一般的に『正しい/正しくない』ではなく、あくまでも『放送上、ふさわしいかどうか』で判断しています」(滝島さん)

 この改訂により、以前は「起伏型」とされていた「ウォーキング」「ユーザー」「ジョッキ」「ラベル」「雨靴」「護衛艦」「化粧水」「断熱材」などが、今後は平板型で問題なしとなった。

「平板化は今に始まったことではありません。遡れば大正6年、言語学者の佐久間鼎が『ガラス』『インキ』『ピヤノ』などの外来語が平板化している、と報告しています。外来語については、今回の改訂で69語、前回1998年の改訂では70語に平板型を追加しました。静かに、ひたひたと平板化は進んでいて、若い人ほど平板型が進行しているという印象です」(同)

 改訂時の調査でも、若手アナウンサーほど平板化への「許容度」が高い単語も多かったという。

「平板化」はなぜ起きるのか。言語学者の井上史雄さん(77)は、著書『日本語ウォッチング』の中で興味深い指摘をしている。「省エネ効果」、つまり実際に話すときに平板型の方が起伏型よりも「ラクだから」というもの。たしかに「と“しょ”かん」と「と“しょかん”」を比べると、後者は腹筋への負担は少ない。納得だ。さらに平板型は、「アクセントを覚える手間がない」という意味でも省エネだという。

「上京したとき、アクセントがわからなくて迷ったら、とりあえず平板型でごまかす。地方出身者の『生活の知恵』としての平板化です」(井上さん)

 アナウンサーの梶原しげるさん(68)は、自身は神奈川県出身だが、両親は山梨県出身だ。

「小さい頃、両親が私を『し“げる”』ではなく『“し”げる』と呼んでいました。山梨では多くの名前を起伏型で呼ぶ。つまり方言だったんです。現在仕事をしている山梨の放送局でも、部長の『か“おり”』さんを私を含めて皆が『“か”おり』さんと呼びますが、2人で東京に出張に行けば、私も『か“おり”』さんと平板化して呼びます(笑)。周りから田舎臭いと思われちゃうから」

 その背景には現代の空気感があると梶原さんは指摘する。

「失敗したくない、恥をかきたくない。できれば周りと横並びでいたい。そんな世の中の空気と、平板化は無関係ではない気がします」

 横並び意識とは反対に、狭いコミュニティーで特別感を得たい場合にも、平板化は起きる。井上さんはこれを「専門家アクセント」と呼ぶ。ある分野に専門的に携わる人は、その分野に関係のある外来語を平らに発音する傾向があるのだという。たとえば音楽業界の人が「ギ“ター”」「ド“ラム”」などと平板に言い、それが徐々に一般にも広まっていくのだ。

「専門用語を仲間内で使い、さらにそれを皆で平板に発音する。そうすることで帰属意識が示せるのです」(井上さん)

 前出の滝島さんは、大阪のもつ鍋店でこんな経験をした。

「私が起伏型で発音した“セン”マイ、“ミ”スジ、“ギ”アラなどを、常連さんは見事に、平板型で注文していたんです。ああ、専門家アクセントとはこういうことかとあらためて思いました」

(編集部・小長光哲郎)

※AERA 2019年6月24日号より抜粋

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ あ〜…比較的イントネーションやアクセントによる違いが少ない日本語でそれでは、外国に行ったら会話もままならんで? 少ない言葉と少ない表現を其等の違いで多様化しとる国が多いから。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 「橋」と「箸」だと、アクセントの場所が違うと全然違う意味になるから、アクセントは変に平板化しない方が良いと思うのだが…。こんな事すら気にしないとダメな時代なのかな…(;^ω^)
    • イイネ!136
    • コメント 16件

つぶやき一覧へ(292件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定