ホーム > mixiニュース > トレンド > Noritakeが岡山の老舗きびだんごメーカーのパッケージを刷新、桃太郎や鬼のイラストをデザイン

Noritakeが岡山の老舗きびだんごメーカーのパッケージを刷新、桃太郎や鬼のイラストをデザイン

1

2019年06月24日 16:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真写真
 元祖きびだんご廣榮堂武田がイラストレーターのNoritakeを起用し、パッケージデザインを刷新した。新デザインのきびだんごは6月27日から販売する。

 元祖きびだんご廣榮堂武田は1856年創業。パッケージデザインの刷新はリブランディングの一環で、岡山のデザイン事務所シファカがディレクションを担当した。
 Noritakeによる新デザインでは、きびだんごにちなみ、桃太郎や犬、猿、雉、鬼のモチーフを採用し、小包装にもキャラクターの顔をデザイン。9個入り(410円)や15個入り(620円)、24個入り(1,100円)などをラインナップしている。
【あわせて読みたい】"2050年のファンシーショップ"がビームス ジャパンにオープン、イラストレーターRedfishらの作品を販売

このニュースに関するつぶやき

  • 昔の地味な包みが良かったです。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定