ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 【アラジン】 中村倫也 & 木下晴香インタビュー「もし願いが3つ叶うなら?」

【アラジン】 中村倫也 & 木下晴香インタビュー「もし願いが3つ叶うなら?」

0

2019年06月24日 18:41  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
空前のスケールで実写映画化された『アラジン』(大ヒット公開中)のプレミアム吹替版で、主人公の青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの声を担当した中村倫也さん、木下晴香さんを直撃!

【ディズニーグッズ】実写版『アラジン』映画館グッズカタログ ジャスミンカラーやアラビアンなデザインが魅力!

お互いの印象、アフレコ時の苦労、名曲「ホール・ニュー・ワールド」歌唱の際の裏話などを楽しく話していただきました。

多彩な演技と表情で多くの人たちを魅了してきた中村倫也さんが、本作では貧しくも清い心を持つ青年から王子となり、街の人々から王女のジャスミン、ランプの魔人ジーニーまでをも虜にしてしまう主人公アラジンを声の力だけで体現。

弱冠二十歳ながら大舞台でメインキャストをつとめてきた新進気鋭のミュージカル女優・木下晴香さんは、その美しい歌声を武器に、吹替え初挑戦の本作で自立心と好奇心、気品を兼ね備えた王女ジャスミンを表現。

そんなふたりが語ってくれた、苦戦を強いられたアフレコ時のエピソード、ジーニーに叶えてもらいたい「3つの願い事」とは?

■『アラジン』吹替版、いちばんの楽しみは…

――『アラジン』プレミアム吹替版で、アラジン役とヒロインのジャスミン役の声を担当することに決まったときはどう思われましたか。

中村 自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。

いちばんの楽しみは、ジーニー役の山寺宏一さんと声のかけあいができることでしたね。

こんな贅沢な機会はそうそうないですから。

木下 すごく嬉しかったです。

数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品のひとつだったので、どこか信じられていない自分がいましたが、ここにいるその状態を噛み締めながら、思い続ければ願いは叶う! ということを実感していました。

■声の表現で心がけたこと

――どんなことを心がけながら、それぞれの声を表現しました?

中村 アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる…そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替えをしました。

木下 実写版のジャスミンは、より現代に響くメッセージ性の強い女性として描かれていたと思います。

女性として自立し、自分の足で前に進んでいこうとする力強さ、そして国民を思う優しさをあわせ持つ彼女は本当に魅力的な女性です。

なので、そんなジャスミンのひとつひとつの表情や繊細な部分まで声で表現できるように、精一杯やらせていただきました。

■次回同じような仕事の機会があったら、コレは言っておきたい(笑)

――お互いの印象を教えてください。

中村 最初、会う前に、木下さんがジャスミンを演じている声を聞いたんですよ。

そしたら、その声がすごくしっかりしていて、王女さまの凛とした芯の強さと高貴な印象があって。

でも、二十歳だと聞いていたので、スゴいな〜、どういう人なんだろう?と思っていたんですけけど、実際に会ったら、佐賀(県出身)の普通の子でした(笑)。

木下 そんなイメージだったんですね(笑)。

中村 うん。等身大と言うか、素朴で素直ないい子だったので、なんか、ちょっとホッとしました。

木下 私は中村さんをテレビなどでずっと拝見していたので、ご一緒するのを楽しみにしていたんですけど、セリフの一個一個の色が違っていたので驚きました。

アラジンというひとりの人間の中にあるいろいろな感情を声だけで表現されていたので、やっぱりすごい俳優さんだなと思いましたね。

中村 (褒めてもらった嬉しさと照れ隠しで)なんか、肌、綺麗になったよね。

木下 えっ(笑)。

中村 どうしたの? 何があったの?

木下 何もないです(笑)。

――アフレコはおひとりずつ録られたんですよね。

中村 そうです。

――どちらの声を先に録られたんですか。

中村 7割ぐらいジャスミンが先でしたかね。

木下 はい。

中村 で、後半ちょこっと俺が先だったよね。

木下 はい。そうでした。

――ひとりずつ録るのは、相手もいないし、リアクションも分からないから特に最初にやる方は難しいんじゃないかな? と思うんですけど、どうでしたか。

木下 すごく難しかったです。それこそアラジンの英語のセリフを聞いて、日本語のセリフで返すという作業の連続だったので、台本をほとんど全部覚えました。

中村 うんうん、そうだね。

木下 アラジンの表情を見て喋りたいと思ったので、アラジンが言っているセリフも一応覚えて、そういうことを言っているんだということを頭に入れてから、画面のアラジンにセリフを返していくという作業でしたからね。

だから、アラジンのセリフが入っていた後半のアフレコは逆にすごくお芝居がしやすかったです。

――そこには中村さんの声が入っていたんですね。

木下 はい、最後の方だけですけどね。

中村 僕はジーニーとのかけ合いのところが同じような感じでしたね。

6割ぐらい僕が先にアフレコをやったので、やりづらかった(笑)。

普段は相手の俳優さんと「会話をしなさい」というのが基本のルールの中で芝居をしているのに、それができないから一生懸命想像しながらやるしかなくて。

だけど、アラジンとジーニーは特にコミカルなかけ合いが多いし、その呼吸やリズム、体温みたいなものはふたりで作っていくものだから、実際にジーニー役の山寺さんの声が入ったものを見たときに、自分でも分かるぐらいノリが全然違っていたんです。

だから「これは録り直しだな」と言って、録り直しました(笑)。

――そのときは、山寺さんの声を聞きながら録り直したんですね。

中村 そうです、そうです。そのときはだいぶ楽でした。これだよね!って感じで。

だから、次にこういう声の仕事をする機会があったら「いちばん最後に録らせてくれ!」って、いちばん最初に言いますね(笑)。

■名曲「ホール・ニュー・ワールド」歌唱の裏話

――空飛ぶ絨毯で飛行しながら、『アラジン』の名曲「ホール・ニュー・ワールド」をふたりで歌うシーンも同じように録ったんですか。

中村 あのシーンもバラバラに録りました。

木下 あそこも私が先だったんですけど、デュエットするところも演奏に助けられたような気がします。

やっぱりここも表情に合わせて声が出せるように、ということに努めていたので、デュエットしているふたりの映像を見て、その表情に合うような声を出すことを精一杯頑張ってやって、後は中村さんに託しました(笑)。

中村 うん? (笑)

――託されていかがでした(笑)。

中村 と言われても、「ホール・ニュー・ワールド」は最初こそ「行こうぜ!」って誘うようにアラジンがひとりで歌うところから始まるんですけど、後半、ジャスミンが歌い始めてからはアラジンは添え木のようなものですからね(笑)。

木下 そんなことないですよ!(笑)。

中村 いやいや、本当に、左手を添えるだけみたいな(笑)。

ジャスミンと一緒にもちろん楽しくなっていくし、ロマンチックな雰囲気にもなるんだけれども、心理的には、楽しんでいる彼女を見て、絨毯から落ちないように支えてあげてるぐらいの気持ちだろうなと思ったので、そういうイメージで、先に入っていた彼女の歌を聴きながら歌っていました。

でも、小さい頃から知っている名曲を自分が歌っている完成版を観たときは珍しく鳥肌が立ちましたね。

――いまのお話にもあったように、今回はミュージカルの要素もありますが、近年は俳優さんも声優をされたり、舞台に立たれたり、仕事のフィールドがボーダレスになってきていると思います。

そんないろいろな仕事をやっていかなければいけない中で、おふたりは今回、この作品とどう向き合ったのか教えてください。

中村 僕はもともとクレイジーキャッツさんのミュージカルが大好きだったし、以前からすべてがボーダレスでした。

それに、やらなきゃいけないという気持ちでやっているつもりもないです。

逆に、純粋にやりたいことをやっているだけなので、そのフィールドの違いは特に何も考えてないですかね。

――ただ、興味のあるもの、やりたいことをやっている感じなんですね。

中村 そうですね。もちろん、やりたいと思ったことが全部やれるわけじゃないし、最初はやりたいと思っていなかったことでもお話をいただいて興味を持ったり、いろいろありますが、結果的には『アラジン』であろうと、深夜ドラマだろうとすべて同じ熱量で向かうべき、やるべきだと思っています。そういう意味では、もともとボーダレスです。

でも、観る人が“今回は歌があるんだ”“声の仕事なんだ”いう新しい印象を持たれることはあるのかなとは思います。

――木下さんはいかがですか。今回、声優に初めて挑戦されましたが。

木下 そうですね。今回、新しい経験がたくさんできて、新しい世界を教えてもらったので、声の仕事もまたやりたいですし、ほかのことにももっと挑戦したいですね。

いまのお話を聞いていて、中村先輩にこれからいろいろなことに挑戦していく際の大事な心得を教わったような気がします(笑)。

中村 いやいやいや(笑)。

■もしお願いを3つ叶えてくれるなら、何を願う?

――今回の作品に絡めてお聞きします。もしジーニーが実際にいて、お願いを3つ叶えてくれるとしたら、おふたりはどんなお願いをしますか。

木下 3つ?

中村 3つもですか? 3つも出てこないですね〜(と言って一瞬考えてから矢継ぎ早に)、英語が喋れるようになりたい! 中国語が喋れるようになりたい! スペイン語が喋れるようになりたい! です。

――えっ、その3つでいいんですか(笑)。

中村 はい。その3つでいいです。

木下 じゃあ、私は一個目のお願いで「全部の言葉が喋れるようになりたい!」って言いますよ(笑)。

中村 山寺さん、怒るんじゃない? 「欲張りだな、この野郎!」って言って(笑)。じゃあ、あと2つは?

木下 あと2つですよね。2つってなると、分かんないな〜、何だろう? でも、無敵の喉が欲しいです。ずっと唄っていたいんです。

次の日が公演だと喉を気にして歌わなかったりするんですけど、そんなことも気にせず、好きな歌を歌っていたいなと思いますから。

――それでは3つ目は? 3つ目がけっこう重要だと思うんですけど。

木下 そうですよね。何だろう?(と、ちょっと考えて、結局…)健康。ダメだ〜(笑)。

中村 二十歳だよね(笑)。

木下 でも、健康第一ですから(笑)。

中村 うん。健康は大事だよね(笑)。

木下 なので、「病気にならない身体をください」とお願します(笑)。

■どんなときに自分が輝いている?

――ところで、『アラジン』のキャッチコピーは「あなたはいま輝いていますか?」というものです。

中村さんと木下さんは、どんなときに自分が輝いていると思いますか?

あるいは、どんな風に自分を輝かせていきたいと思っていますか?

木下 私が普段やっているミュージカルのお仕事は同じ役を何人かが演じたりするので、私自身の魅力をどうやって出していくのか? というところが勝負だなと思っているし、そこが面白いところでもあるんですよね。

中村 いい子だな〜。

木下 だから、今後はこれこそが木下晴香さんだよねって言ってもらえるような何かを持って輝けるようになりたいなと思います

中村 可愛い!(笑)う〜ん、質問の答えとちょっと違うかもしれないですけど、僕の場合は30歳を過ぎたころから、人を輝かすみたいなことを考え始めるようになって。

それこそ、芝居でも、相手役を引き立たせながら自分も出ていくみたいな。そういうことを考える年齢になってきていますね。

木下 カッコいい!

中村 カッコつけてた?(笑)

木下 いやいや(笑)。



インタビュー中もいつもの飄々としたノリで木下さんをいじったり、突っ込んだりして笑わせていた中村さん。

撮影時も魔法のランプでふざける姿に、木下さんの笑いが止まらなくなる瞬間もありましたが、まるで兄妹のようなふたりの仲のよさが伝わってくる、とても和やかなインタビューになりました。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定