ホーム > mixiニュース > 地域 > 北海道、30日ごろから低温=農作物管理に注意−気象庁

北海道、30日ごろから低温=農作物管理に注意−気象庁

0

2019年06月24日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 気象庁は24日、北海道では30日ごろから約1週間、気温が平年よりかなり低くなる可能性があるとの「早期天候情報」を発表した。北からの冷たい気流の影響を受けると予想され、農作物の管理に注意が必要という。

 早期天候情報は従来の異常天候早期警戒情報を切り替え、導入された。今後1週間の週間天気予報より先の気温予想を示す「2週間気温予報」と一緒に利用することが想定されている。

 24日発表の2週間気温予報でも、北海道は7月2〜6日の5日間について、平均気温が低いとの予想が示された。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定