ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「ジモティー」「メルカリ」を使いこなす! 収納家具は買わずに0円ゲットで“汚部屋”一掃

「ジモティー」「メルカリ」を使いこなす! 収納家具は買わずに0円ゲットで“汚部屋”一掃

2

2019年06月24日 22:32  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真写真

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋”を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩004-05】青春時代のCDや手放せない(Kさん・37歳)

今週もまた、Kさんの詰め込み型・汚部屋ビフォーアフターです。今回は、リビングルームに溜まった“コスメ”と“テレビ下収納”を片付けます。第1回でKさんの家庭・経済事情を紹介したように、お金をかけずに変えていきます!

 真っ赤なソファー脇に直置きした、美容品の山! カゴにざっくり放り込んでいるので、モノをどかせばホコリが広がります。「この隙間(20cm)にちょうどよい収納がわからず、ついこのままで……。使いにくく、気分も下がります」とKさん。ただし、収納家具を購入する予算はないので、フリマアプリ“ジモティー”を活用して探すことにしました。

ジモティーで、ぴったりの収納家具を0円ゲット!

 地元の「欲しい人と捨てたい人」をつなげるフリマアプリ“ジモティー”を使って、ソファー脇の隙間収納にぴったりの家具を探しました。無料で手に入る“ジモティー”は、匿名でのメール交換で成立する無料サービス。Kさんの場合、車を出してくれる友人がいるため住んでいるエリアに限定せず広範囲で探すことができました。

 ジモティーのメリットは無料でモノがもらえることですが、一方で汚れがついた状態のことも多く、特に、化粧板製の家具には、手垢やホコリの黒ずみが付着していることも……。そんな時は、メラニンスポンジに重曹入り歯磨き粉を付けてこすり洗いをしてみてください。最後にアルコール除菌水で拭き上げると、中古感も弱まり気分良く使えます。もちろん、自分が渡す側になる場合は、掃除済・欠点カ所などを記すと気持ち良い取り引きができます。

 これまでクライアントも、捨てるモノ(粗大ごみ)に予算をかけられない場合は“ジモティー”を利用して処分しています。もちろん、状態が良く使えるモノに限るのはお約束です。とはいえ、後味の悪い相手に出会うリスクもしばしば……。トラブルを回避するポイントは、メールのやりとりを丁寧に交わせる相手か見極めること!

朝の身支度&ビューティケアを使いやすく収納!

 片付け中に出てきた空き箱や保存容器を使って、小物を立てて収めました。引き出しは、上から見渡せると◎です。もちろん、モノを収納する前の「ぜんぶ出し」と「断捨離」も済みです。例えば、ミニタオルは50枚ありましたが、元の数よりだいぶ減らせました。

 アジアンテイストのテレビ台も、友人から譲ってもらったモノだそう。通気性の良い造りですが、隙間からホコリが侵入します。テレビ台の裏側を覗くと、ホコリがどっさりと溜まっていました。一見キレイだから、見落とすのかも!?

テレビ台が重すぎて動かせない!〜通気性が悪い裏側〜

 テレビ台の床はもちろん、家具の溝までホコリがどっさり!筆者的には見慣れた光景ですが、やはり何かが住み憑きそうな気がしてなりません。家具の裏側も定期的にお掃除できるようにすると、風向きの良い家になります。裏側を気にかける習慣が、家具や家の寿命を延ばします。もちろん、心と体の健康も!

 写真は、テレビ下の引き出しの中身! ぎっしりとDVD、CD、MDが詰まっていました。思い出の手紙や、捨て時を見失った書類も山積みです。テレビ台が重く、引き出しが開けづらい理由はコレでした。まるで、時間が止まっています……。

中古CDを手放して“片付け予算”を作ろう!

 Kさんとの作業中には、BGMをかけていただくようにお願いしました。でも、迷わずスマホから音楽が流すKさん。テレビ下のCDとDVDの山は、90年代にヒットした曲が多く使用頻度も低そうです。とはいえ、音楽と思い出はクロスするため、なかなか捨てにくいモノの一つ。ですが、「中古市場に出して片付けのボックス代にしませんか?」、そう提案させていただきました。高値が付く品はメルカリへ、そうでない品はブックオフへ持っていきました。

 もう振返らない過去を手放した金額は、約5,000円です!

 もう聞かない音楽と観ない映像を手放して、本当に大切なモノだけを残しました。でもこれがゴールではありません。時は変わり、音楽や映像の楽しみ方も変わります。これをスタートに1年以上も手にしていないモノとは、定期的に見直す習慣を持ちましょう。そうでないと、集めたい衝動に駆られ所有欲だけ膨らみます。もっと身軽に、持っているモノを生かしましょう!

[まとめ]
モノよりコトにお金をかける世代が増えたことで、モノの処分に使えるフリマアプリもたくさん出ています。時間や手間はかかりますが、使えるから捨てられない、予算を抑えたい、捻出したいという方には手放しやすくなる方法のひとつです。うまく活用して、回転率の良い生活を取り入れてください。

――次週は、7月1日(月)に更新!

<プロフィール>
伊藤まき(ito maki)
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー1級。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
Instagramはこちらから

☆☆☆収納のお悩み[何歳でもOK!お住まいどこでもOK!]大募集!☆☆☆

片付けのちょっとした“お悩み”に、収納ライターの伊藤まきさんが、目からウロコの解決方法を提案します! アナタの部屋の「困っている場所」の写真を撮って「お悩み詳細」のコメントを添えて、下記よりご応募ください。

★応募フォームはこちら★

このニュースに関するつぶやき

  • …ストーカー……
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定