ホーム > mixiニュース > トレンド > キッザニアで限定「研究所」

ペンギンの個体数を観測するお仕事です キッザニア東京で生物学者や研究員の体験から地球環境を考える3つの「研究所」パビリオンが期間限定オープン

31

2019年06月25日 08:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真地球環境を考える3つの“研究所”パビリオン(C)KCJ GROUP(キッザニア)
地球環境を考える3つの“研究所”パビリオン(C)KCJ GROUP(キッザニア)

 子ども向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア東京」は7月19日から、未来の地球環境を考える3つの“研究所”パビリオンを期間限定で順次オープンします。



【その他の画像】



 1つ目は「南極研究所」。南極で働く生物学者「南極地域観測隊」の一員となり、南極について学び、南極に生息するペンギンの個体数を観測します。KDDIと国立極地研究所の協力のもとオープンする同パビリオンでは、マイナス40度にもなる厳しい世界で調査・研究を続ける隊員の仕事を体験することで、地球環境のこれからについて学べます。



 ちなみに南極研究所は「キッザニア甲子園」(兵庫県)でも7月20日から期間限定でオープン予定です。



 2つ目は「宇宙 水再生研究所」。こちらでは子どもたちが「水再生研究員」となり、宇宙ステーションを想定した室内で地球と宇宙の生活の違いや、宇宙空間で水を再生する必要性と仕組みを学びます。また宇宙での貴重な水分となる“人の呼気”などをきれいな水にするための実験なども実施。体験者は「実験レポート(オリジナルファイル付き)」をもらえます。



 最後の3つ目は「食器用洗剤研究所」。子どもたちが食器用洗剤の汚れの落ちやすさを開発する「食器用洗剤研究員」となって、実際に異なる洗い方での比較実験や、節水に繋がる洗い方も検証します。体験者は「CHARMY Magica 酵素+(プラス)」のキッザニアオリジナルデザイン空ボトルと詰め替え用(570ml)がもらえます。



 今回の3つのパビリオンは、夏休みシーズンの特別企画「KIDZANIA SUMMER 2019 〜夏休み ECO - KidZ Challenge〜」の一環で、ミッションを楽しみながら自分にできる“自然を元気”にする方法を探ります。他にも省エネやゴミを減らすことに繋がる「モノづくりワークショップ」も各期間で開催予定。詳細は公式サイトで確認できます。


このニュースに関するつぶやき

  • 研究所で浮かんだんだけど、科警研や科捜研は無いのかな?あったら大人の私が行きたい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ここで子供達は研究者同士のドロドロの足の引っ張り合いや権力闘争、真面目な研究者に襲いかかる予算不足なんかを学ぶんですね(をいヾ(^_^;)
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定