ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 抽選に外れても、これなら落ち込まない? ことでんの「落選通知」がキュートで癒される

抽選に外れても、これなら落ち込まない? ことでんの「落選通知」がキュートで癒される

3

2019年06月25日 17:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真落選スタンプ(ことでん提供)
落選スタンプ(ことでん提供)

香川県高松市を拠点に鉄道・バスなどを運行する高松琴平電気鉄道(ことでん)。公式サイトを確認すると、マスコットキャラクターの「ことちゃん」が香川名物のうどんを「ぞぞー」とすする愛くるしい姿を見せてくれる。

そんなことちゃんが涙を流して謝罪するスタンプが、「かわいすぎる」などと話題になっている。


ことでんが運用するICカード「IruCa」。この画像は枚数限定で販売された「新元号IruCa」の追加販売に申し込んだものの、残念ながら落選した人へ送られるはがきに押されたスタンプだ。

中央で「ごめんなさい」と泣くことちゃん。「×」の字が書かれているが、そこには香川の名物であるうどんやオリーブハマチ、高松盆栽などが描かれ、さりげなく香川をアピールする仕上がりになっている。

落選スタンプではあるが、その絶妙な仕上がりからツイッター上では、

「残念ですが、落選スタンプの可愛さと、溢れる香川愛にときめいたのでしばらく飾っておきます」
「ICカード当たらなかったけどこのスタンプかわいすぎ」

との声が上がっている。

応募者殺到!落選した人に申し訳ない気持ちを伝えるために...

今回の落選スタンプに携わったことでん運輸サービス部の担当者は2019年6月24日、Jタウンネットの取材に応じ、

「せっかく応募していただいたのに本当に申し訳なくて...」

とスタンプ制作の理由を話した。

新元号IruCAは、菅官房長官が新元号を発表している様子をイメージしたデザイン。4月に発売がアナウンスされると、公式サイト経由で多くの問い合わせがあったそうだ。

新元号IruCa見本(ことでん公式サイトより)

5月3日に瓦町駅特設ブースでの直接販売を行った際には開始から40分ほどで完売するという盛況ぶりだったという。好評のため行った追加販売では、規定枠100人に対して56倍以上の5677人の申込があったそうだ。香川県だけでなく、全47都道府県から応募があったとのこと。

「こちらのことちゃんや、香川の特産品などを眺めていただいて少しでも心が和み、また香川県に、ことでんに乗りに行きたいな...という気持ちになってほしい」(担当者)

そんな思いから、ことでん社員によってことちゃんが泣きながら「ごめんなさい」と謝っているデザインのハンコを作成。6月11日に社長による厳正な抽選の結果、当選者100人を選出した。募集は往復はがきで行われたため、当選結果を順次送った。

担当者によれば、落選スタンプを今後また使用するかについては現状では未定。ただ、今回ネット上で話題になったことについて、

「これからもファンの方に感謝しながら、みなさまに喜ばれるイベントを考え、開催していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします」

とした。

このニュースに関するつぶやき

  • これ、往復ハガキの復信のほうに印刷されているので、考えようによっては「世界でただ一つの自分の名前入りことちゃんグッズ」と言えなくもない。ありがとうことでん。
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定