ホーム > mixiニュース > コラム > お金がない、SNS炎上…「最近の世の中、厳しすぎる…」街のリアルな声

お金がない、SNS炎上…「最近の世の中、厳しすぎる…」街のリアルな声

8

2019年06月25日 17:40  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真お金がない、SNS炎上…「最近の世の中、厳しすぎる…」街のリアルな声
お金がない、SNS炎上…「最近の世の中、厳しすぎる…」街のリアルな声
東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

6月10日(月)放送のテーマは「なんだか最近、世の中厳しすぎるって思いません?」でした。ニュースを見ればいろいろなことで炎上が起こり、その「騒ぎ」を受けて謝罪する人を見かけることが多い昨今の日本。コンプライアンスだらけの現代、「ちょっと厳しすぎるのでは」と息苦しさを感じることはないでしょうか。街ゆく人に、どう感じているのか聞いてみました。


※写真はイメージです。



テーマ「なんだか最近、世の中厳しすぎるって思いません?」

◆痴漢に間違われないように
「電車の中で女性の近くにいるだけで『痴漢!』って疑われそうな感じもあったりするので、できるだけ手を上げて……とかしています」(18歳/男性/学生)

◆思ったことを言えないSNS
「SNSをやってるときですね。些細なことでも叩かれたり、そこにつっこむ? ってこともよくあるので。顔を見て1対1で話していると表情とかでも気持ちがわかりますけど、顔が見えない分、厳しいのかなって。この間も南海キャンディーズの山ちゃんの結婚で心無いことを言う人もいたり。もうちょっと他人に優しくっていうか、適当に接すればいいのになって!」(30歳/女性/飲食業)

◆お金と結婚について厳しさを感じる
「結婚に対して厳しすぎるって思うことがありますね。お金がなくて厳しいから、結婚できないとか。私たちが60歳になる頃には年金すらもらえないかもしれない。そんななかで結婚して子どもを持つということがリスクになりかねない……そういうふうに考えてしまいます。

でも、結婚しない人生は考えたことないです。厳しさはあっても結婚はしたいです! 確かにお金はかかるけど、パートナーと力を合わせて、お金に対するこの悪い感情をなくしていければと思います」(27歳/女性/金融関係)

◆子どもを大学に出すのが厳しい!
「子ども2人が私立の大学に通おうとしていて、都心に来ようとしているので金銭面がキツいですね(笑)。アパート代とか東京は高いですよね。僕は今、単身赴任で東京に住んでますけど、僕の6畳の部屋じゃ狭すぎます。大学に出すまで、もうひと頑張りです」(52歳/男性/会社員)

◆「自分の正しさ」を押しつけるとトラブルが起こる
「白黒はっきりつけない良さもあると思うんですが、自分が正しいと思う人がまわりに対して攻撃的になってくるところですかね。相手は相手の立場があるでしょうし、そういうのをわかろうとしないというか。正しいこと正しくないことを押しつけてくると、それが原因で起こらなくていいトラブルが起きそうな気がします」(59歳/男性)

【「危ない橋は渡らない」も大切だけど……】
「髪切った?」でもセクハラになってしまうと言われるこの時代。新しい時代の価値観にどう対応していくか、皆、試行錯誤しているようでした。言葉を選んでいるうちにコミュニケーションが怖くなり、何も話さなくなってしまう……ということもあるかもしれません。ルールを守るのはもちろん良いことですが、なんでもルールで規制してしまうのも考えもの。日常で感じている世の中への違和感を街の人と考える、そんなテーマとなりました。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • しょうがないよ 貧困の結果、怒りの矛先を誰かを叩きたくて仕方ない方向にシフトチェンジしたんだから。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定